• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

SRC造の柱足元納まり

前回は鉄骨鉄筋コンクリート造という構造が持っている特徴を取り上げて、納まりが複雑になりがちな部分についても少し紹介をしました。
鉄筋と鉄骨の関係を明確にしていく必要があって、しかも鉄骨の製作は出来るだけ急ぎたいから検討も当然急がないといけない。

こうした苦しさがSRC造にはあるんです。
ここでもう一度SRC造についての内容をまとめると…

・鉄筋コンクリートの中に鉄骨が入る構造である

・メリットも多いがコスト的には有利とは言えない

・鉄筋と鉄骨の関係を事前に検討しておく必要がある

・その関係を元に鉄骨には穴を開けておく

・そうした検討を鉄骨の製作が始まる前に済ませておく必要がある

という事になり、強力なメリットがありつつも、検討項目が多くてそれにあわせるように工種も多くなってくるので、難しい構造だということがこれを見ていくと分かります。
ただ、コストなどの問題があるにしても、そのデメリットを補ってお釣りがくる程のメリットがある優れた構造でもあります。

そうでなければわざわざ構造体を組み合わせて複雑になどしませんよね。
ある程度複雑な関係になることはこれで分かってきたと思いますので、まずは検討すべき項目をしっかりと押さえておきことをお勧めします。

という事で…鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の特徴がどのようなものか、というまずは基本的な部分について取り上げました。
鉄骨造と鉄筋コンクリート造のメリットをあわせ持っているのが鉄骨鉄筋コンクリート造ですから、もっとたくさんの建物に採用したいところですが…

もちろん全ての面で優れている訳ではないので、やはりコストや工期などを総合的に考えて、建物の規模や特徴などにあわせて採用していくというのが現実です。
建物によってはSRC造を採用するメリットがたくさん出てくる場合もありますが、デメリットばかりが目立ってしまう可能性もある訳です。

このあたりは設計者がきちんとした判断を下し、施工者の立場としては、構造図に記載されている内容を遵守する事になります。
このあたりの関係性はSRC造でなくても同じです。

いくつかある構造の選択肢について深い知識を持って、それぞれの建物によって適切な構造を選択する、というのが設計者の役割になります。
そうして選定された構造について、様々な検討項目を工事の前に検討して、出来るだけ手戻りがないようスムーズに施工していくのが施工者の役割。

どちらの役割になったとしても、それぞれの構造についての知識は必要不可欠なものですから、まずは基本的な知識を押さえておきましょう。
という事で、今回は鉄骨鉄筋コンクリート造柱の足元がどのような納まりになっているか、という点を取り上げてみたいと思います。

まずは鉄骨造(S造)の場合のおさらいをしてみると、S造の柱は基礎に対してベースプレートとアンカーボルトでしっかりと固定されています。

鉄骨柱の足元納まり例

こうした納まりでは、構造体である鉄骨柱に倒れようとする力がかかった場合でも、アンカーボルトがその力に対して抵抗していくことになります。
では鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の場合はどうなるかというと、基本的な考え方はS造の場合とそれほど変わりません。

まずは鉄骨柱をしっかりと足元のコンクリートに固定していき、もちろん鉄筋もその周囲に立ち上がってきて、柱の主筋ときちんと定着されます。
アンカーボルトだけで固定されている鉄骨造に比べると、柱の鉄筋も足元のコンクリートとつながる事になる、という部分が大きく違います。

なので、SRC造のアンカーボルトはS造に比べてあまり太くない場合もあります。
このあたりは構造設計者の考え方によるので、当サイトであまり断言するのは良くないのですが、そうした考え方になる場合もあるという事だけはお伝えしておきますね。

関連記事

  1. SRC柱の主筋を検討した結果
  2. 仕口部分の鉄筋配置例
  3. S梁に孔あけ+鋼管取付の納まり
  4. SRC梁の配置例(二段筋)
  5. 梁ハンチで鉄筋を納めた例
  6. 納まりの検討