• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄筋の定着と鉄骨の関係

SRC造の納まりを検討していくと、柱や梁などの単品で納まりを検討するだけでは、それほど複雑な事にはなりませんでした。
しかし柱と梁が交差する部分について考えていくと、これが結構複雑な事になってくる、というあたりの話を前回は取り上げました。

いきなり複雑な部分を考えるのは難しいので、まずはSRC柱とSRC梁のシンプルな納まりを意識しておき、そこからそれぞれを交差させてみる必要があります。
と言うことで、前回は柱と梁の仕口部分の図面を鉄筋なしで表現した図面を紹介しました。

SRC柱とSRC梁の取合い平面図

上図の納まりは確かに一般的な関係を表したものですが、SRC造で構造的に必要になってくる重要な要素が記入されていません。
ちょっと回りくどい表現をしてしまい申し訳ありませんが、今までさんざん取り上げてきた鉄筋が全然記入されていないので、ここで鉄筋を記入してみると…

仕口部分の鉄筋配置例

このような関係になってきます。
なんだか一気にゴチャっとしましたね。実際これでは納まっていないのですが、まずは一般的な鉄筋を配置するとこうなるという例を出してみました。

ここで納まりとして非常に重要になってくるのが、梁の主筋が柱に対してどこまで伸びていれば良いのか、という定着の考え方。
このあたりの考え方は鉄筋コンクリート造(RC造)でも同じになりますので、ここで簡単に鉄筋の定着についておさらいをしてみましょう。

RC造でもSRC造でも同じですが、大梁は基本的に柱へと接続されていて、大梁にかかる荷重を柱へと伝達することになります。
そうした関係性があるので、梁の主筋を柱に対してどこまで定着させるか、という考え方は構造としては非常に重要になってくる訳です。

RC柱への梁主筋の定着

ちょっと極端な例を出してしまいましたが、構造設計を深く勉強していなくても、上図のどちらが構造として好ましいかというのは直感で分かると思います。
もちろん右側の図面が正解になる訳ですけど、これらの図面の違いは「梁の主筋が柱に対してどこまで伸びているか」という部分になります。

構造の基本的な考え方として、梁の主筋は柱に対して中央よりも奥側まで定着させなければならない、という決まりがあります。
上図の左側の図面はそれを満たしていないので、かなり極端な図面になってはいますけど、見た目として頼りない感じになっているんです。

…と、SRC柱と梁の仕口についての話をしていたはずなのに、鉄筋の定着という考え方についての話にそれてしまいました。
しかしもちろん梁の主筋をどこまで定着させる必要があるのか、という話はSRC造の納まりに大きく絡んでくるものなので、全然関係ない話ではありません。

柱の中央よりも奥側まで梁の主筋を伸ばさなければならない。

こうした構造の基本ルールがあるのですが、実際にその納まりを実現しようとすると、鉄骨柱が梁の主筋に干渉してしまうために上手く納まらないことが分かります。
鉄骨柱は基本的に柱の中心に入ることになりますから、柱の中心よりも奥側に梁の主筋を伸ばそうとすると、どうしても鉄骨柱に当たってしまうんです。

これは鉄骨柱と梁主筋の関係性を考えてみれば当たり前だと思ってしまう話ではありますが…
こうした当たり前の納まりによって、鉄筋の定着という基本的な構造の要望を満たす事が難しくなってくる、という事です。
まさにこれがSRC造の納まり検討をしていく中で大きなポイントになってきます。

鉄骨柱と梁の主筋が干渉してしまうという問題があるのならば、どのような解決方法があるのか、という話は次回に取っておくことにして…
今回はまず基本的な関係性の話として、SRC柱と梁の仕口については、通常の構造的な考え方を反映させると干渉してしまう、という点を覚えておくことにしましょう。

関連記事

  1. スケジュールの調整
  2. 育成は非常に難しい…
  3. SRC柱フランジと梁主筋の干渉
  4. 設備の為に階高を大きくとった例
  5. どうしても仕事量は多くなりがち
  6. 柱鉄骨に孔あけが必要な場合