• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

天井仕上材と下り壁との関係

天井仕上材と下り壁の取合い納まりというのは、どのような建物でも、天井に段差がある部分ではほぼ間違いなく登場することになると思います。
天井に段差がない建物など存在しないので、要するにほぼ間違いなく全ての建物でこのような納まりが発生するという事に。

また、天井の段差ではなくても、例えば吹抜に面する部分の壁と天井との関係でも同じような納まりが出てくる事になります。
吹抜部分というのは恐らく建物としてはメインで見せたい場所になるはずですから、余計に出隅をどう見せるかが気になるところです。

という事で、そうした納まりを出来るだけ美しく見せるにはどうしたら良いか、という話を含めて、今回はもう少し具体的な納まりについて説明をしていくことにします。
まずは具体的な例として、以下のような条件の天井と壁があったと想定して納まりを検討していくことにします。

天井:岩綿吸音板

壁:塗装仕上

これは建物の中でも割と良くある組み合わせになるし、別の仕上材になっても応用が利きやすいので、まずはこの関係で考えてみましょう。
この仕上材の組み合わせで天井段差納まりを表現すると、下図のような関係になってくるのですが、これではまだちょっと納まっていない状態です。

天井と壁が出隅で取り合う場合

図面上では何となく線と線が繋がっていますが、天井の線は岩綿吸音板になっていて、壁の線は塗装仕上になっている状態です。
今回はサンプルという事でちょっと断面図として紹介してしまいましたが、納まり検討の断面図としては、こうした「何となく納まってそうな図面」を作るのはNGです。

この出隅での切り替え部分をどうするかを考えていき、出来るだけ綺麗に納めていく、という話が今回のテーマになります。
先ほど紹介した断面図では壁と天井のどちらが勝っているかが分かりませんが、関係性を検討する為にまずは天井勝ち納まりで出隅部分を拡大図にしてみると、このような状態になっています。

壁と天井の出隅拡大図

天井勝ち納まりにしたので岩綿吸音板の小口が見えている状態になっていますが、岩綿吸音板の小口は綺麗に仕上がっている訳ではないので、上図のままではダメです。
下がってきている壁と天井のどちらを勝たせるにしても、石膏ボードもしくは岩綿吸音板の小口が見えてきてしまうので、そこを何とかしないと綺麗に納まりません。

という事で、ここで登場するのが見切り材になる訳ですが…
今まで紹介してきた廻り縁を使ってみても良いのですが、一応商品として「下がり壁用見切材」というものが存在しています。

下り壁用見切材

ちょっとゴツいような気もしますけど、このような形状の見切り材が既製品で用意されているので、それを実際に使ってみるとこんな感じに。

下り壁見切材で納めた例

あまり意匠的に美しいとは言い難いですが、これで納まることは納まりました。
ただ、これはやはり見た目として今ひとつという感じなので、下がり壁用見切り材を積極的にお勧めするのはちょっと気が引けます。

一般部分の壁と天井との取り合いで十手廻り縁を採用しているのであれば、壁際の目透かしが下がり壁用見切り材にぶつかって何となく終わってしまうのも綺麗ではないです。
コ型廻り縁であればギリギリセーフという気もしますが…
これが天井伏図ではどのような状態になっているかというと、まあ当たり前ではありますが下図のような関係になっていて、納まりとしては積極的にお勧め出来ない感じです。

天井伏図に見切材を入れた状態

こうした関係になっていて、目透かしが綺麗に終わっていなくても、建物を利用する方はあまり気にしないかも知れませんが…
意匠設計者の立場で考えると「これはもう少しなんとかしたい」と思ってしまう状態である事は間違いありません。

ただ、既製品の見切り材を調べてみるとよく分かるのですが、下がり壁用の見切り材はこうした大きめの商品しか存在しないんですよね。
もう少し見付部分が小さいタイプがあっても良いと思いますが…既製品で用意されていないとなかなかオリジナルを作るのは難しいものがあります。

そうした話を踏まえて、は実際にどう納める案があるのか、というあたりを次回に説明していく事にしましょう。

関連記事

  1. 廻り縁は建具チリ内で止める
  2. 壁と天井の取合い納まり
  3. 十手廻り縁の形状一例
  4. 見付が小さい十手廻り縁の納まり
  5. 十手廻り縁を建具枠部分にも通す納まり
  6. まずは選択肢を増やす事が重要