• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

天井仕上材がアルミパネルの場合

ちょっと特殊な天井仕上材を採用する場合、壁仕上材との関係がどのような感じになるのか、というあたりの話を前回は取り上げました。
あまり使用頻度が高い天井仕上材とは言えませんが、建物の中で「ここぞ」という部分で採用する場合が多いので、見た目には気を遣った方が良い、という話でした。

特殊な天井仕上材と比較するために、一般的な天井仕上材のついても代表的なものを挙げましたが、これについては以前のカテゴリで幾つかのパターンに分けて納まりを紹介しました。
軽量鉄骨天井下地に天井仕上材を直貼りするタイプと、石膏ボードを一枚張った後に天井仕上材を貼っていくタイプで、大きく分けて二種類の納まりがあったと思います。

それぞれの納まりパターン毎に断面図を紹介したはずなので、まずはそのあたりの納まりを踏まえて話を進めていきます。
まだ読んでいない方は下記のリンクから読んで頂ければと思います。

石膏ボード+塗装仕上の納まり

こうした一般的な天井の納まりを踏まつつ、特殊な天井仕上材の納まりについて考えてみることにして、今回はまずアルミパネルの納まりから紹介していきましょう。

天井仕上材がアルミパネルの場合、アルミカットパネル納まりでもアルミ曲げパネル納まりでも、通常は12mm程度の目地を設ける納まりになります。
もう少し目地の巾を細くしたいという要望があるかも知れませんが、目地部分から天井下地に対してアルミパネルをビス止めしていくので、この程度の巾が必要なんです。

天井アルミパネルの目地標準図

上図のような納まりが目地部分の標準納まりになる事をまずは頭にいれておき、壁取合いの端部をどのように納めていくかを考えてみると…
壁取り合いの端部でも、見た目としては通常の目地部分と同様に12mm程度の目地を入れておく納まりにしておくのが良いかも知れません。
イメージとしては下図のような感じです。

一般壁+天井アルミパネル取合納まり

これは壁をLGS+石膏ボード+塗装とした場合の納まりになっていて、天井に目地を設けることになるので基本的には壁勝ち納まりということになります。
これが天井アルミパネル納まりの標準なのかどうかを確認する為に、色々な壁仕上材での納まりパターンをここでさらに見ておくことにしましょう。

先ほど紹介したのはLGS+石膏ボード+塗装仕上げという、壁としては一般的な納まりだったので、ちょっと特殊な納まりとして壁が石張りの場合を考えてみると…
石張りの壁と天井アルミパネルの取合いは、やはり壁勝ち納まりの方がスッキリと納まりそうな関係になっています。

壁石張り+天井アルミパネル取合納まり

壁がタイルの場合も、壁勝ち納まりという考え方は同じですね。

壁タイル貼+天井アルミパネル取合納まり

壁がアルミパネルの場合はどちらの納まりでもおかしくはありません。
アルミパネル壁勝ちにしておくのが無難かも知れませんが、好みによっては天井アルミパネル勝ちでも納まりとしては特に違和感なく納まります。

壁アルミパネル+天井アルミパネル取合納まり

無難なのは壁勝ち納まりかも知れませんが…壁仕上材もアルミパネルの場合は、天井と壁の目地を揃えておいた方が意匠的には良いかも知れません。
このように、天井仕上材がアルミパネルであれば、壁を天井仕上面よりも少しだけ伸ばしておいて天井面の壁際に目地を通す、という納まりが良いと思います。

壁がコンクリート打ち放し仕上の場合であれば、どちらがを勝たせるかなどの検討は必要なく、当たり前に壁勝ち納まりが選定されることに。

壁RC打放し+天井アルミパネル取合納まり

壁面の施工精度がどの程度なのかによって、天井アルミパネルの目地が綺麗に見えるかが決まってくることになります。
しかし壁面をモルタル補修で平滑に処理するなどをしない限り、コンクリート打放しの壁面はある程度凸凹があるもの。
そうした特徴を持った壁と言うことで、少し目地を大きく見ておくなどの対応を、天井アルミパネル側でやっていくしかありません。

天井仕上材としてアルミパネルを採用した場合の納まりパターンはこんな感じです。
基本的に壁端部には目地を入れる納まりになるので、廻り縁を入れる納まりになる場合は非常に少なくなると思います。

廻り縁を入れる理由は、天井をカットした際の切り口を隠すという意図があるのですが、アルミパネルは工場でカットしてくるので切り口は非常に綺麗です。
そういった意味と、あとは見た目があまり美しくならないという理由から、アルミパネル納まりの場合には廻り縁を採用しない場合が多いです。

関連記事

  1. 見付が小さい十手廻り縁の納まり
  2. コ型見切材と十手を組み合わせた案
  3. コ型廻り縁のカットライン
  4. 図面上では納まっているけど…の一例
  5. 壁・天井アルミカットパネル納まり
  6. コ型廻り縁の形状一例