• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

天井仕上材が特殊な場合の納まり

前回は壁仕上材が石やアルミパネルなど、ちょっと特殊な仕上材を選定した場合に、天井取り合いがどのように納まるかについて考えてみました。
天井勝ち納まりにするよりも壁勝ち納まりにした方が、施工の順番としても見た目としても都合が良い、という結論で話は終わりました。

ちょっと細かい話が続いていますが、こうした細かい部分を決めておくかどうかによって、後々の施工がどのくらいスムーズに進むかが変わってきます。
最初に苦労して検討しておいて、後で施工をスムーズに進めるか。
それとも最初は時間があまりとれずに検討が少なくなって、その結果施工の段階でちょっと大変な状態になるか。

ちょっと極端な表現だとは思いますが、納まりの調整はいずれどこかの段階でやらなければならない作業なので、時間が許す限り前倒しでやっておいた方が良いと思います。
結局は後でどのような苦労をする事になっても、設計者も施工者も、実際に施工をする職人さんも皆プロフェッショナルですから、建物は綺麗に完成するのですが…

どれだけスムーズに完成するかによってコストは変わってくるし、建物の完成度も細かい部分で少しずつ違ってくることになるのが現実です。
少しでもコストを押さえて完成度の高い建物を造る為には、やはり事前に細かい検討を出来るだけやっておいた方が良いでしょう。

事前の検討が重要になる

納まりには色々な選択肢があって、その中から最も適切だと思われる納まりを選定していくことになるのですが…
前回取り上げた特殊な壁仕上材と天井仕上材との関係は壁勝ちの方が適切という感じです。

もちろんそうした納まりで決まっている訳ではないので、逆の納まりという事で天井勝ち納まりにすることも可能ではあります。
ただ、施工の順番などを考えるとちょっと施工は大変になって、施工で苦労をした分だけ何らかのメリットがある訳でもない、という状態に。

であれば、施工もスムーズに進んでなおかつ見た目も全然おかしくない、という納まりを選択した方が良いという結論に至ります。
こうした部分でちょっと変わった納まりを目指していく必要もないので、ある程度適切な納まりが決まっている部分であれば、そちらを選択した方が良いと思います。

ある程度「この納まりの方が色々と考えても納まりが良い」というような結論が出ている部分であれば、そちらを選択していく方が手間がかかりません。
そして省略できた労力を別の納まり検討に使っていく事で、時間的にも最終的な見映え的にも良い状態になっていくことに。

そんな状態を目指していく為には、色々な納まりの基本的なパターンを覚えていき、納まりの選択肢の引き出しを増やしていくことが重要になってきます。
という事で、今回からは天井仕上材がちょっと特殊な仕上材になった場合に、壁との取り合いがどのようになっていくのか、というあたりを考えてみたいと思います。

まずは「ちょっと特殊な天井仕上材」というのがどのようなものなのか、という話ですが、一般的な天井仕上材と合わせてここで箇条書きにしてみます。

□一般的な天井仕上材

・岩綿吸音板

・石膏ボード+塗装

・石膏ボード+ビニルクロス

・化粧石膏ボード

□特殊な天井仕上材

・アルミパネル

・アルポリック

・化粧ケイ酸カルシウム板

簡単に分類をしてみると上記のようになってきて、それぞれの天井仕上材によって少しずつ納まりが変わってくる事になります。
特殊な天井仕上材というのは、当たり前の話ですが一般的な部分では採用されず、意匠的にちょっと力を入れている部分で採用されます。

なのであまり使用頻度が高いという訳ではありませんが、意匠的に綺麗に見せたい部分で使われる天井仕上材なので、どう見せるかの検討は結構大事になってきます。
今回からはそうした天井仕上材の種類による納まりの違いについて考えていくことにしますが、具体的な話は次回から始めることにしましょう。

関連記事

  1. ピクチャーレールの使用例
  2. 壁・天井アルミカットパネル納まり
  3. 下り壁見切材で納めた例
  4. SD枠の曲げ部分拡大図
  5. 十手廻り縁
  6. 納まり図集を持っておくと非常に便利