• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

天井の段差納まりについて考える

前回はちょっとシンプルな話になってしまいましたが、天井と外周建具との取合い部分で出てくるカーテンBOXの納まりについて考えてみました。
壁に囲まれた部屋であれば、天井納まりの検討は比較的スムーズに進む事になると思いますが、外周のアルミ建具に取り合う部分では、カーテンBOXの形状などの検討が必要になってきます。

もちろんそれ程難しい納まりではないので、基準ルールを作ってしまえばあとはそれを展開していくだけという事になります。
しかし色々なレベルのパターンがある中では、綺麗に納まらない部分が出てきてしまう可能性もあるので、各所で高さ関係の確認をしておいた方が良いでしょう。

さて、説明の順番が少し違うような気もしますが、今回は部屋で仕切られている場所以外で天井の高さが異なる場合の納まりについて考えてみることにしましょう。
同じ部屋で天井の高さを変えておきたい、という状況は意外にも建物の各所であって、その理由はポジティブな場合とネガティブな場合とがあります。

ここは天井を部分的に上げておき、段差部分に間接照明が入る納まりにしておこう、というような理由で天井段差を設ける場合があります。
これは意匠的な見え方を考えた結果として段差を設ける訳ですから、理由としてはポジティブな部類に入るでしょう。

一方で、設備配管やダクトを梁下に通すことが出来ないので、天井を部分的に下げるしかない、というような理由で天井の段差を設ける場合もあります。
これは言うまでもありませんが、本当は天井を下げたくないけれど納まりを考えると仕方がない、という感じになるので、天井段差を設ける理由としてはネガティブな部類に入ります。

こうした様々な理由によって、壁がないところでも天井に段差を設けておきたい場合、もしくは段差を設けなければならない場合がある訳です。
理由がどのようなものであっても納まりは特に変わりませんので、ここではまず基本的な納まりを覚えておくという事で、標準断面図を確認してみましょう。

天井段差の納まり例

天井に段差を設ける場合の基本納まりは上図のようなイメージになっています。
軽量鉄骨天井下地で段差を作っていき、そこに石膏ボードを張っていくことで天井の段差を設けていく、というような考え方になっていることが上図からは読み取れます。
納まりとしては結構シンプルな感じになっていますよね。

軽量鉄骨天井下地は、チャンネルを流す方向に直交してシングルバーを流していく事になるので、天井仕上材の向きによって下地の方向性も変わります。
その為、天井段差がチャンネルに対して平行なのか垂直なのかによって、微妙に納め方が変わってくることになります。

下地の向きが違う場合の天井段差納まり

最初に紹介した納まり断面との違いは何となく伝わるでしょうか。
ただしこのあたりの具体的な位置関係については、納まりを検討する側であればそこまで詳しくなっておく必要性はないと思います。

実際に検討した図面を見てその通りに下地を組む訳ではなく、仕上レベルなどを確認して最終的にそうなるように下地は組んでいく事になるはずですから…
なので、そこまで厳密に下地の組み方までは図面に表現をする必要はなくて、下地の向きによって少し納まりが変わるという認識だけ持っておけば問題はないと思います。

こうした天井段差の関係は非常に一般的なものですから、各所取り合いを検討していく中で、色々な場所で出てくる事になる納まりだと思います。
天井下地としてどのあたりまでスペースが必要なのかを把握しておく事で、段差の近くにくる配管やダクトなどとの関係がどこまで許容できるかなどもある程度分かってきます。

もちろん図面通りにならない場合も多いのですが、それでも基本的な関係性を知っておくことがマイナスになる訳ではありません。
まずはこうした一般的な納まりをしっかりと押さえておく事を当サイトではお勧めします。

関連記事

  1. 化粧石膏ボードのイメージ
  2. 直貼りタイプの岩綿吸音板納まり
  3. カーテンBOXの納まり
  4. 天井関連のまとめ
  5. 天井インサート納まり図
  6. 天井インサート配置例