• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

カーテンBOXの考え方と基本納まり

建築工事で天井に取付けが必要になる器具として、シャッターと自動ドアと防煙垂壁の納まりについて色々話をしてきましたが、思ったよりも長くなってしまいました。
少し説明が細かくなりすぎているのが気になっていますが、説明する内容を絞り込むと分かりにくくなりそうで、ちょっとバランスが難しいところです。

天井に取り付ける器具の種類はそれほど多くはありませんが、設備との関係を含めた納まりの検討項目は結構あるので、調整はなかなか大変になる場合も多いです。
面倒になって後回しにすると、結局は条件が悪くなった状態でもう一度向き合う事になる確率が高いので、面倒な項目ほど早めに調整しておく事をお勧めします。

今回は引き続き天井関連の話として、天井に取付く器具という訳ではありませんが、天井納まりとして欠かす事が出来ないカーテンBOX関連の話をしていこうと思います。
タイトルの付け方でも少し迷いましたが、カーテンBOX・ブラインドBOX・ロールスクリーンBOXなど、呼び方は色々あります。

しかし毎回この長い名前を全部書いていくのはちょっと変なので、当サイトではカーテンBOXという呼び方で統一しようと考えています。

カーテンBOXと言いながら実際に取り付けられるのはブラインドというのは間違っている! というような意見もあるかも知れませんが、一般的な名称はそういうものです。
下駄箱と言いながら実際に入れるのは靴になるはずだし、筆箱にはほとんど筆を入れる機会はない、というような事を考えると、まあカーテンBOXで良いのではないかと思います。

天井に取り付けられるカーテンBOXというのは、大抵の場合は建物の外壁まわりに配置されることになると思います。
カーテンやブラインドは日光を遮るために用いられることが多く、日光は基本的に建物の外周に取り付けられる窓から入ってくるものですから。

建物の外装を考えていくと、外周に取り付けられるアルミ建具の高さは揃えたくなってくるものですが、建物内の天井高さはそれぞれの部屋によって少しずつ違っています。
こうした高さの違いを吸収する役割としてカーテンBOXが機能する事もあるので、まずは基本的な考え方と納まりについて考えていくことにしましょう。

まずはサンプルとして以下のような断面があったとします。

カーテンBOXの納まり

これは割とまともに納まっている例になりますが、外壁廻りに取り付けられているアルミ建具と天井との間にカーテンBOXが取り付けられています。
カーテンBOXの材質はスチールに塗装もしくは木が多くなりますが、特に意匠的なこだわりがない部分であればスチールになるかと思います。

カーテンBOXがどのくらいの深さで必要になるのかは、カーテンやブラインドの高さ、つまりは窓の高さによって変わってくる事になります。
ただしここではその具体的な高さはあまり重要ではないので、まずはこの基本的な納まりについて覚えておきましょう。

次にアルミ建具が室内の天井よりも高い場合について考えてみると、断面形状は下図のような関係になってきます。

AWレベルと天井高さが異なる場合の納まり

アルミ建具の高さを天井に合わせて下げれば良いのではないか、という意見もあるかとは思いますが、この断面だけでそのような判断は出来ません。
外周のアルミ建具は外から見た時の見映えを重視して高さを決めることになるので、天端を揃えることになる場合がほとんどになるはずです。

それをこの部屋の天井高に合わせて下げてしまうと、外から見たときにこのアルミ建具だけが下がっている状態になるので、納まりとしては余計におかしい事になってしまいます。
そうした選択はなかなか出来ないので、まずは外装のレベルを重視しておき、室内の天井高との関係をカーテンBOXで吸収して納めていきます。

カーテンBOXの基本的な考え方はこんな感じになりますが、実際にはカーテンBOXの納まりは奥が深くて結構大変なものなんです。
納まり検討で苦労をする部分にもう少し後で取り上げることにして、ここではまず天井との関係について基本的な部分を押さえておくことにしましょう。

関連記事

  1. 天井下地と天井仕上を考慮した寸法
  2. 天井塗装仕上のイメージ
  3. 岩綿吸音板直貼り用のビス
  4. 特殊な天井の一例
  5. 天井関連のまとめ
  6. 天井に取り付く器具の一例