• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

岩綿吸音板の目地と納まりの違い

前回は軽量鉄骨天井下地に直接張っていくタイプの岩綿吸音板について、具体的な納まりを含めて説明をしてみました。
石膏ボードに接着剤で貼っていくタイプは600mm×300mmですが、直貼りタイプは910mm×455mmや600mm×600mmと少し大きめになっています。

それぞれの天井割付についても紹介しましたが、図面で検討していく目地の位置と実際の目地の見え方は少し違う、という話もしました。
今回はまず、岩綿吸音板の目地と図面上の目地との見た目の違いについて考えてみることにしましょう。

実際に岩綿吸音板を天井仕上材として採用した場合、目地はどのように見えてくるかと言うと、こんな感じですね。

岩綿吸音板のイメージ

そして天井割付を検討した図面はこんな感じで、イメージの違いが何となく伝わってくるでしょうか。

岩綿吸音板の馬貼り例

上記の図面だけで目地を意識して見ていくと、岩綿吸音板の目地をどのように配置していけば良いかなどが非常に気になってしまいます。

しかし実際には、最終的な仕上がりとして目地ははほとんどラインとして見えない状態になっているんです。
目地が目立たないというのが岩綿吸音板の特徴のひとつで、だからこそ意匠的に頑張りたいところで採用される事になる訳です。

もちろんよく見ると目地があることが分かるのですが、実際には図面上にラインを入れる程でもない見た目になっている。
この感覚の違いは、実際に図面を作図する方がしっかりと認識していないと、おかしな検討が始まる可能性がもあります。

例えば、ほとんど目立たない天井目地のラインを、実際の製品サイズを無視して入れていくとか。
もしくはタイル張りのパターンみたいに馬貼りではなくイレギュラーな配置を検討してみるとか。

これはかなり恥ずかしい感じの検討項目になっていますが、最終的な出来上がりを知らないと、そうした検討をしたくなる場合もあるんです。
納まり検討をする際には、図面だけではなくその結果としての現物もしっかりと見ていく必要がある訳です。

図面は基本的に線で構成されるものですが、同じ線でも場所によって色々な意味合いを持つようになる、という事を意識していくのはかなり重要なんです。

さて、岩綿吸音板の目地についての話は、納まりとしてあまり重要ではないのでこのあたりにしておきましょう。
ここからは岩綿吸音板の商品の違い、接着貼りタイプと直貼りタイプとでどのような違いがあるのか、という話を進めていきます。

最初に結論から書いてしまいますが、接着貼りタイプと直貼りタイプの違いは性能と見た目という事になります。
コストは当然直貼りタイプの方が有利なのですが、その分だけやはり性能や見た目はは少し劣ってしまうことになるんです。

まずは性能についてですが…
石膏ボード12.5mmの上に岩綿吸音板9mmを貼る場合と、天井下地に岩綿吸音板9mmを直接貼る場合では、やはり吸音性能が少し違ってきます。
これは当たり前の話ですから、直貼りタイプを選定する際には、部屋の用途もよく考えておく必要があるでしょう。

次に見た目ですが、軽量鉄骨天井下地に直接ビスで岩綿吸音板を止めていく事になる為、ビスの頭が天井面に見えてしまう事になってしまうんです。
もちろんビスの頭はフラットになっていて、なおかつ色を白くして天井面から浮かないようにしていますが、それでも完全に隠れることはありません。

岩綿吸音板直貼り用のビス

上図のようなビスがよく見ると分かるかも…という事を許容出来る部屋にだけ、天井直貼りタイプの岩綿吸音板を採用した方が良いです。

まあ正直な気持ちをここで書いてしまうと、目を凝らさないと見えないようなビス頭を気にしなくても良いのではないか、という思いもありますが…
それでもやはり意匠的に出来るだけ綺麗に見せたい部屋などでは、わざわざビス頭が見えてしまう製品を選ぶ必要はないでしょう。

このあたりの判断は意匠設計者の仕事になりますので、グレード感をまずは認識しておき使い分けていく事をお勧めします。

関連記事

  1. 天井間接照明のイメージ
  2. インサートとデッキリブの関係例
  3. 同じ部屋では流し方向を合わせる
  4. 天井関連のまとめ
  5. 化粧ケイカル版天井のイメージ
  6. 自動ドアモーターを天井裏に配置