• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

石膏ボード+塗装仕上の納まり

前回は天井仕上材として化粧石膏ボードを取り上げました。
岩綿吸音板と化粧石膏ボードの納まりと基本割付の考え方を押さえておく事が出来れば、恐らく大半の部屋の天井は網羅することが出来るはず。

…というくらい使用頻度の高い天井仕上材なので、直貼りの場合と石膏ボードを1枚貼る場合の考え方と納まりをここで覚えておきましょう。

今回も引き続き天井仕上材についての話をしていきますが、今回は石膏ボード+塗装仕上について説明をしていく事にします。
塗装には色々な種類があって塗る相手によって区分をしていく事になりますが、特に石膏ボードでは「EP」もしくは「AEP」と呼ばれる塗装が多いです。

合成樹脂エマルションペイント仕上。

これが石膏ボード面に塗装する場合の名称になりますが、ちょっと長いのでこのような呼び方をする人は非常に少ないです。
なので「EP」とか、単純に「ペンキ」などと呼ばれる事になり、ちょっとややこしいですが全て同じ塗装仕上のことを指しています。

壁仕上材として石膏ボードに塗装していく納まりは結構多いですが、天井仕上材としてもそこそこの割合で採用される事になる塗装仕上。
これが実際にはどんなものなのか、という話は塗装の項目ではちょっと取り上げにくい感じですが、イメージはこんな感じです。

天井塗装仕上のイメージ

石膏ボードのジョイント部分意匠的には見せたくないので、パテやテープなどで丁寧に仕上げていくことが求められます。
ただ、こうした目地の処理はそれほど難しい納まりではありません。
天井仕上として石膏ボードに塗装をする場合の特徴としては、パテ処理をすることによってボードの目地が全て消えることが挙げられます。

天井が前面塗装処理された状態になっていて、岩綿吸音板や化粧石膏ボードのように目地が出てこない状態になるというのは、見た目としてかなり綺麗な状態です。
なおかつ、目地位置をどこに設定するなどの話がないので、天井下地の位置も特に大きな縛りがないという事になり、施工者としてはやりやすいという話もあります。

天井仕上材としてのグレードは微妙なところですが、完全に目地を消した状態で塗装をかけた天井は非常に美しく建物のメインとなる部分でも採用される仕上でもあります。
塗装仕上なので色も自由に選定することが出来るというメリットもあるので、色々な見せ方が出来る天井仕上材という事が言えると思います。

天井納まりとしては、石膏ボードに塗装をかける訳ですから、軽量鉄骨天井下地に石膏ボードを張っていく関係になってきます。
問題は石膏ボードを何枚貼っていくか、です。

最終的な仕上がりとしては塗装になるので、石膏ボード12.5mm1枚の上に塗装でも、仕上面としては変わりません。
そう考えると石膏ボード1枚にしたくなるのですが、1枚貼りだとどうしても後々で目地部分にひび割れが入る可能性があるので、出来れば12.5mmを2枚貼りとしておきたいです。

天井塗装仕上の納まり

もちろん石膏ボード1枚でも納まりはしますが、後々の事を考えると2枚貼っておいた方が良いのではないかと私は思っています。
もちろんコストとの兼ね合いもあるのであまり好き勝手に石膏ボードを増やしていく訳にはいきませんが、後でひび割れが目立ってくると意匠的には非常に厳しい状態になってしまいます。

そうなってから対策を検討するのは大変なので、あらかじめひび割れ対策として、石膏ボードを2枚貼っておいた方が良いと思います。

天井に目地が入らないので、建築の納まりとしては、目地割りを考慮しなくても良いという、検討作業的なメリットがあります。
それでなおかつ仕上として美しいのであれば、全部塗装でも良いのではないか、という気持ちになってしまいますが…

吸音性能としては塗装仕上はあまり良くないので、場所によっては音が響いてしまう事になるので、やはり岩綿吸音板を採用する場合も結構あると思います。
このあたりの話は、最終的な見た目だけではなく、性能も考慮して天井仕上材を選定していくことが必要になってくるでしょう。

関連記事

  1. 岩綿吸音板直貼り用のビス
  2. 天上レベルとS梁の関係例
  3. アルポリック接着貼の納まり
  4. 天井下地と天井仕上を考慮した寸法
  5. 天井下地のイメージ
  6. 天井関連のまとめ