• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

天井下地としての吊りボルト

天井仕上材を張っていく為に用意しておく必要がある天井下地は、軽量鉄骨で組み立てられる割とシンプルな納まりになっています。
壁の軽量鉄骨下地の場合は、壁をたてる高さによって軽量鉄骨のサイズを切り替える必要があったりしましたが、天井はそうした切り替えはそれほどありません。

あったとしても外部の天井だからシングルバーとダブルバーを25mmにするくらいで、基本的な納まり関係はほとんど同じという事になります。
天井の納まりはそれほど難しいことはない、という話を以前少ししましたが、その理由は軽量鉄骨による天井下地納まりがシンプルだからなんです。

この基本さえ最初に押さえておけば、あとはそれほど大きく悩んでしまうような項目がなくて、どのような天井仕上材があるかを覚えてしまうだけ。
建物は他にも色々と検討が必要な部分がたくさんありますから、一般的な納まりで済んでしまう部分は軽く検討をしておき、他の部分に力を入れた方が良いです。

そう言った意味で、軽量鉄骨の天井下地納まりをきちんと理解しておくことは、天井納まりを押さえておく上で非常に重要な要素だと言えるでしょう。
そんな訳で、今回は軽量鉄骨天井下地の一部を構成する「吊りボルト」の納まりについて、サイズや下地の準備などの話をしていくことにします。

まずは天井を吊っていく部材である「吊りボルト」の基本サイズですが、一般的な天井の場合は直径約9mmの吊りボルトが採用されます。
具体的な数値を出すと3/8インチの径という事になり、1インチが約25.4mmになるので、直径9.5mmくらいのボルトという事になります。

3/8インチという呼び方はちょっと分かりにくいのか、一般的には「三分ボルト」と呼ばれる事が多いような気がします。
特に明確な指定をしない限り、天井下地として利用する吊りボルトにはこの三分ボルトが利用される事になります。

イレギュラーな納まりとして、重量がある天井などで時々もう少し太い吊りボルトが必要になる場合がありますが、その場合は「四分ボルト」が採用されます。
考え方は同じで4/8インチのボルトという事になり、約12.7mmの直径を持つ吊りボルトになっていて、当然三分ボルトよりも頑丈になります。

天井を支える為の吊りボルトサイズについての話はこんな感じです。
基本は三分ボルトを採用していき、天井の重量などの条件があって要望があった箇所に限っては四分ボルトを部分的に採用していく。
この考え方で特に大きな問題はありません。

こうして配置していく吊りボルトに対して、軽量鉄骨天井下地である野縁受けを、専用の受け材で固定していくことになります。
このあたりの基本的な納まりの関係については、下図のようなイメージを見て頂ければ雰囲気は伝わるのではないかと思います。

天井下地の基本断面図

実際に天井納まりを検討していく中では、こうした吊りボルトの径とか、吊りボルトからどのように軽量鉄骨下地を流していくかなどの細かい部分はあまり関係なかったりします。
ただ単純に天井下地のサイズである38mm+19mmがあって、ボードの厚みがいくつだから上階梁のと関係がいくつ必要で…みたいな検討になるので。

しかし実際にどのような関係性で納まってくるのかを知っている事は、検討していく寸法に表れてくることはありませんが、結構重要ではないかと思っています。
何のために吊りボルトを下ろしていき、どのくらいのピッチが必要になってきて、それに対してどのような関係で下地が固定されているのか。

こうした納まり関係についてあまり詳しく知らなくても、数字さえ追っていくことが出来れば、納まりの検討は可能ではあります。
しかしそれではちょっと面白くないと言うか、どうせ納まりを検討するのであれば知っておいた方が良いのではないかと思います。

それほど難しい関係でもありませんので、ここでは予備知識としてこうした関係もきちんと押さえておくことをお勧めします。
次回は吊りボルトについてもう少し話をしていくことにして、吊りボルトのピッチと上階床コンクリートとの関係について説明をしていきます。

関連記事

  1. 天井下地と天井仕上を考慮した寸法
  2. 天井段差の納まり例
  3. 天井下地のイメージ
  4. インサートとデッキリブの関係例
  5. リブが付いた岩綿吸音板
  6. 天井取付け器具は各業種の調整が必要になる