• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

天井下地の基本的な断面

建物の階高と天井高と天井裏スペース、そして天井裏スペースに入る構造体である梁と設備関連の配管やダクトなど。
前回はそのあたりの関係性について取り上げていき、階高を出来るだけ低く抑えようとする傾向にある中で、天井裏スペースは梁と設備関連の関係が苦しくなりがち、という話をしました。

天井裏スペースは最終的に建物利用者から見えなくなってしまうものですから、きちんと納まっているのなら、出来るだけぎりぎりの方が良い。
そうすることによって階高を低く抑えることが出来て、同じ建物の高さでも階数を多く取ることが可能になり、結果として建物の床面積を広くなります。

建物の階高を低く設定していくのはこうした理由があるからです。
天井裏の見えない部分は色々検討することによって出来るだけ少なく抑えて、建物を利用する方に見える部分を極力広く取りたい。
こうした方向で建物を設計する意匠設計者の考えるのですが、これは方向性としては全然間違っていない事ではないかと思います。

こうした事情があるので、設備のスペースである天井裏は常に厳しい条件になっている場合が多く、検討や調整をしながら納めていく事が求められてきます。
そうした設備スペースの調整には、下図のような関係がある訳ですから、当然天井の高さという要素が大きく絡んでくる事になります。

天井高と設備スペース

天井裏スペースについて検討をするには、天井の納まりがどのようになっているのかを知っておくことが必須条件になる訳です。
床や壁などと同様、天井仕上材にもいくつかのパターンがあるのですが、天井下地はそれほど大きく変わる事がありません。

今回はそんな天井下地の基本パターンを確認してみることにしましょう。
天井の基本的な構成はこんな感じになっています。

天井下地の基本断面図

天井仕上材は壁と同様に、石膏ボードに貼ったり塗ったりする場合と、貼っていくものが既に仕上状態になっている場合がありますが、天井下地の形状は同じ。
上階の床コンクリートから吊りボルトを下ろしてきて、そこから軽量鉄骨下地をまずは流していき、それに交差するように軽量鉄骨下地をさらに流します。

こうして組んだ軽量鉄骨下地に対して、石膏ボードその他のボードを貼っていく、というのが天井納まりの基本パターンになります。
先ほども書きましたが、軽量鉄骨下地に貼っていくものは天井仕上材によって色々になりますが、軽量鉄骨下地のサイズは変わりません。

まずは最初に流す軽量鉄骨下地がこれ。

野縁受けのイメージ

「野縁受け(のぶちうけ)」とか「チャンネル」などと呼ばれるこの材料の高さは38mm。
上階の床コンクリートから下ろしてくる吊りボルトに対して、天井下地軽量鉄骨を固定する専用の金物があって、その金物によって固定されていきます。
その軽量鉄骨天井下地に交差して流していく軽量鉄骨がこちら。

野縁のイメージ

「野縁(のぶち)」もしくは「シングルバー」「ダブルバー」「エムバー」などと呼ばれます。
シングルとダブルがあるのは巾が違うからで、天井ボードのジョイント部分にはダブルバーを配置していく納まりが基本となります。

高さは19mmと25mmがありますが、大雑把な区分としては、内部の天井であれば19mmで外部の天井は25mmという感じで区分していきます。
最初に流した軽量鉄骨から専用のクリップを使って固定していく納まりになっていて、納まり自体は非常にシンプルな感じになります。

天井下地のイメージ

軽量鉄骨天井下地はこのような関係になっています。
シングルバーは基本的に303mmピッチで流していき、ボードのジョイント部分に配置するダブルバーは、ボードのサイズに合わせて適切に配置をしていく事になります。

石膏ボードであれば910mm×1820mmなので縦と横で石膏ボードに合わせたピッチに配置していく事になります。
天井下地に直接仕上材を貼る場合はそのサイズに合わせる事になり、例えば化粧石膏ボードであれば910mm×455mmなので、もう少し細かいピッチでダブルバーが入る感じ。

このあたりの具体的な納まりは、それぞれの天井仕上材について紹介していく中で詳しく説明をしていきますが、まずは軽量鉄骨天井下地の関係を先に覚えておきましょう。
今回紹介した軽量鉄骨下地のサイズと納まりの関係を覚えておけば、あとはその下に何を貼っていくのかという話になるだけなので、結構シンプルな話になるはずです。

関連記事

  1. 天井内配管のイメージ
  2. 化粧ケイカル版天井のイメージ
  3. 天井と梁が干渉している例
  4. 天井アルミパネルの一例
  5. 天井下地と天井仕上を考慮した寸法
  6. 天井取付け器具は各業種の調整が必要になる