• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

内壁タイルの割付けについて

前回までの話では、外壁タイル割付けの基本的な考え方と調整方法について、具体的な納まりの例を挙げつついくつか紹介をしてきました。
検討しておくべき項目がたくさんあって、しかもそれが壁下地に影響してくる事になるので、タイル割付の検討は結構大変な作業になります。

このあたりは基本パターンをきちんと押さえておき、ひとつずつ納まりを明確にしていきながら問題点を粘り強くつぶしていくことになるはず。
その為の基本知識として、前回は外壁タイルの基準となる考え方を簡単に説明した訳ですが、ここで少しだけ注意点があります。

前回紹介した例はすべてがタイル目地だった場合の話であり、あくまでもタイル割付けの考え方を確認するという目的で作成した例である、という事をご了承ください。
紹介した納まりが全然間違っているとか、そうした話ではなくて、色々な考え方がある中でもう少し違う納まりになる可能性もあります、という話です。

実際には鉄筋コンクリート壁の開口部分にはひび割れ誘発目地が入る場合が多く、その場合は誘発目地部分で20mm程度のシール目地が必要になります。
前回の例で出した図面に誘発目地を入れる場合、イメージとしてはこんな感じになります。

AW開口に誘発目地を考慮した納まり

こうした納まりになると、当然説明をしてきた色々な数値が変わってくることになりますが、誘発目地をどのように入れていくかは場面によって違うので、基本納まりとして説明しにくいんですよね…
意匠的には1500程度のアルミ建具であれば、両側にシール目地を入れるのは避けたいと思う場合も多いので、ちょっと説明が中途半端になってしまいます。

拙い説明の言い訳をしているみたいで変な感じですが、鉄筋コンクリートの開口だから誘発目地を当然入れるはず、という意見もあると思うので補足させてもらいました。
さて、少し前置きが長くなってしまいましたが、今回は内壁にタイルを貼る場合のタイル割付けの考え方について説明をしていきます。

内壁タイル割りの考え方は、外壁の場合とそれほど大きく変わることはありません。
タイルを貼っておきたい壁があって、その壁の中でタイルを綺麗に貼っていくことを検討して、もし綺麗に割り切れない場合はどうするか、という話は基本同じ。

タイルが割り切れない場合にどうするかという点も外壁と同じで、壁下地位置を優先させるのか、それともタイル割付けを優先させていくか、という考え方です。
ただ、内壁のタイルは外壁とは違い、それほど割付けを重視しなくても良い場合もあるので、壁下地を移動するかどうかの判断は外壁とは少し違うかも知れません。

もちろん意匠設計者の考え方によってこのあたりは違ってくるものですが…

例えばトイレの壁に100mm×100mmのタイルと貼る予定があったとして、100mmのタイルを綺麗に貼ることが出来るように、LGS壁の位置を50mm移動するか、という話です。
実際はトイレ廻りのプランは結構スペースに限りがある場合も多く、その中でタイルを優先させて壁を移動するのはあまり現実的ではない場合もあります。

内壁のタイルはそれ程目地が目立たない場合もあるので、そこまでしてタイルを綺麗に割付けていく必要があるかどうか、というあたりの考え方ですよね。
そういった事情を色々総合的に考えて、壁下地の位置、つまりLGS壁の位置はそのままにする、という判断が外壁に比べると多くなる事は間違いありません。

とは言っても、やはり出入口のドアなどの建具サイズだけは、タイルに合わせて調整しておいた方が良いのではないかと思います。
次回はもう少し内壁タイル割付けについての話を続けることにして、建具廻りの具体的な納まりについて考えてみることにしましょう。

関連記事

  1. 石膏ボードのイメージ
  2. ステンレス曲げパネルの納まり例
  3. 内壁ECPの足元納まり
  4. ALC外壁縦張り納まり例
  5. 建具とタイルの間はシール
  6. 化粧ケイカル版の一例