• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

アルミパネルの納まり

壁仕上材の納まりについての話をしていく中で、前回まではちょっと長くなってしまいましたが、タイルについての説明を色々としてきました。
タイル割付けを検討していく中では、考えておかなければならない項目は結構多く、納り検討としてはなかなか複雑な部類に入るのではないかと思います。

個人的に好きか嫌いかというのはありますが、まあタイル割付けの検討は好きな人と嫌いな人に大きく分かれるような気がします。
…とか偉そうに書いている私はどうなのかというと、事前に検討が出来る状況のタイル割付けであれば、という条件がありますがかなり好きです。

壁も出来上がっていて開口位置も決まっているけれどタイル割付けの検討が出来ていない、という施工者としてはかなり怖い状況というのは時々あります。
そうなると「もっとも被害が少ないのはどんな納まりか」みたいな視点で検討をしていく必要があって、それはなかなかツライ作業になってしまいます。

ここはどうしても開口を移動した方が良くて、それ以外のところは開口をそのままにして細かいタイルを入れるけどあまり目立たないから良いか…みたいな検討です。
もちろんこのような検討が好きな方などいるはずありません。

そういった楽しくない状況になってしまわないように、出来るだけ事前に検討を終わらせておく事が重要なんですが、まあ現実はなかなか厳しいんですよね。
こうした事前検討のお勧めみたいな話はどの部分でもある話なので、検討項目の優先順位を決めておくことが重要になってきます。

それでも検討が遅れてしまう場合には、検討が出来るプロをたくさん確保するなどの根本的な解決方法も視野に入れた方が良いと個人的には思っています。
まあこれも実際のところなかなか難しいのですが…

ということで、かなり前置きが長くなってしまいましたが、今回は壁仕上材として金属パネルの種類や具体的な納まりなどについて色々と考えてみたいと思います。
まずは金属パネルの種類にはどのようなものがあるのか、という部分から。

・アルミパネル

・スチールパネル

・ステンレスパネル

金属パネルというからには、やはり表面が金属になっている訳で、表面に出てくる金属がどのような種類になっているのかで種類が分かれます。
建物で使用される代表的な金属が上記になりますが、それぞれ材質によって色々な特徴があるので、まずはそのあたりを紹介していくことにします。

□アルミパネル

金属としてアルミが持っている特徴は色々ありますが、建築材料として利用される場合に注目しておきたい特徴は以下のようなものがあります。

アルミカットパネルの例

・軽量である

・充分な強度を持っている

・錆びない

・カットパネルの場合は切り口がシャープで美しい

・曲げパネルの場合は曲げ部分のRが大きめ

・色の選択肢が多い

・止水ラインとしては機能しない

まずは軽量で強度があり、なおかつ錆びないというアルミの特徴から、外壁に金属パネルを採用したい場合にはアルミパネルという事になります。
アルミにはある程度厚みを持たせた材料をカットして使う場合と、薄いパネルを曲げて使い場合があって、カットパネルの方が仕上がりが美しいです。

アルミカットパネルのエッジは綺麗なので、設計者もアルミカットパネルを好む人は多く、建物のメインとなる場所でもよく採用されます。
色は工場で自由に焼付塗装することが出来るので、そうした選択肢の多さも人気の理由ではないかと思います。

関連記事

  1. タイルサイズに合わせて建具巾を調整した例
  2. ランナーとLGSの関係イメージ
  3. 壁塗装仕上の一例
  4. 内壁ECPの足元納まり
  5. 残り時間との兼ね合いを考える
  6. アルミカットパネルの納まり例