• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

LGSの天端納まりパターンについて

LGSを床コンクリートからたてていき、そのLGSがどこまで伸びていくかを決める際には、以下のような選択肢があるという話を前回は取り上げました。

・上階の床コンクリートまで伸ばす

・天井までで止めておく

上記の区分をどのような考え方でやっていくか、という話についてはもう少し後で説明をすることにして、今回はこれらの具体的な納まりを紹介していくことにします。
まずはLGSが上階の床コンクリートまで伸びていく場合の納まりですが、相手がコンクリートになるので割と話は簡単で、コンクリートにランナーを流してそこにLGSを止めることになります。

上階スラブ下にランナー固定

ただし、建物の構造によって色々あるとは思いますが、床の型枠が鋼製型枠である場合も結構多いはずで、その場合は床コンクリートの下にリブがあることが考えられます。
このリブをどう処理していくかは、LGS壁の仕様にもよって少し変わってきて、リブを切断して平らな状態にして、そこにランナーを通すという納まりがひとつ。

上階スラブがデッキの納まり例

構造体である床コンクリートの一部を切ってしまって良いのか、と思う方もいるかも知れませんが、鋼製型枠のリブは構造体ではありません。
コンクリートを打設するまでは鋼製型枠自体の重さや鉄筋、そして打設されるコンクリートの荷重に耐えられるように型枠としての強度が必要になるのでリブが重要な役割を果たします。

しかしコンクリートを打設して床としての強度が出た後では、コンクリート自体が構造体になる訳ですから、型枠自体の強度はもう必要ありません。
LGSをたてる段階になっているのであれば、間違いなく床コンクリートの強度が出ている状態であるはずなので、鋼製型枠のリブを切断しても大丈夫、という事です

もちろんコンクリートを打設する前の段階で鋼製型枠のリブを切断するのはNGで、そんな無謀な事をしたらコンクリート打設時に型枠が落ちてしまうので注意してください。
あくまでも床コンクリートの強度が出ている状態になっているから、鋼製型枠のリブを切断してランナーを流すことが出来るんです。

ただ、鋼製型枠のリブを切断するのは結構手間がかかるもの。
結局は天井裏の見えない部分なのだから、わざわざリブの切断をしなくても良いのではないか、という納まりがもうひとつの納まりパターンになります。

上階デッキリブを切断しない納まり

上図の納まりの方がシンプルで手間も少なく済むので良いのですが、どうしてもリブとリブの間に隙間が出来てしまうという難点があります。
なので、こうした納まりは壁に多少の隙間が許される仕様の場合にだけ採用され、色々な壁の仕様などを考えていくと結構このパターンは少なくなってしまいます。

このあたりはLGS壁の仕様について詳しく説明する際に、細かく説明をしていくことにして、まずは上階の床コンクリート取り合いは2パターンの納まりがある、ということだけ。

もうひとつの納まりは上階の床コンクリートではなく、天井の下地までLGS壁を伸ばしておくという考え方で、これはもう少しシンプルな納まりになります。
天井下地についての説明がまだこの段階では出来ていないので、ちょっと中途半端な説明になってしまいますが…

天井下地も軽量鉄骨で組み立てていくことが一般的で、その下地にランナーを固定していき、床のランナーとの間にLGSをたてていく事になります。

天井下地にランナーを固定する納まり

こうした天井までのLGS壁を採用する部位としては、壁に求められる性能がそれ程多くない場合に限る、というあたりに注意が必要です。
間仕切壁としてはこうしたLGS壁で充分に機能することになりますが、例えば遮音性能などが欲しい壁であれば、天井裏もしっかりと仕切っておく必要があるでしょう。
このあたりの見極めは設計者と施工者とできちんと区分をしておくことになります。

関連記事

  1. グラスウールのイメージ
  2. 湿式工法と乾式工法
  3. AW開口をタイルに合わせて調整した図面
  4. 壁を石とした場合の一般的な納まり
  5. ステンレス曲げパネルの納まり例
  6. スチールパネルの納まり例