• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

LGSの記事一覧

コストを意識した検討が必要

LGS+石膏ボード壁の仕様

石膏ボードは基本的にLGS下地の両側に張っていくものです。 それによって部屋と部屋を区切っていくことが出来て、さらに耐火性能や遮音性能などを付加したい場合でも、壁の仕様を変えることで対応することが出来ます。 壁の仕様によってLGSをどこまで伸ばしておけば良いのかも変わってくる為、それぞれの部屋でどのような仕様の壁が必要なのかを明確にしておくことが重要になってきます。 このあたりの検討や区分は設計者 […]

続きを読む

天井下地にランナーを固定する納まり

LGSの天端納まりパターンについて

LGSを床コンクリートからたてていき、そのLGSがどこまで伸びていくかを決める際には、以下のような選択肢があるという話を前回は取り上げました。 ・上階の床コンクリートまで伸ばす ・天井までで止めておく 上記の区分をどのような考え方でやっていくか、という話についてはもう少し後で説明をすることにして、今回はこれらの具体的な納まりを紹介していくことにします。 まずはLGSが上階の床コンクリートまで伸びて […]

続きを読む

設計と実際の納まりと

LGS壁をどこまで伸ばすか

前回はLGSの足元納まりについての話とか、LGSをどんなピッチでたてていくか、というあたりの具体的な説明をしてきました。 石膏ボードを張る枚数によって壁の強度が変わってくる事、そしてそれを補う為にLGSのピッチを細かくするなどの話がありました。 ただ、実際の施工をするのは施工者の中でも軽量鉄骨を専門に施工する人になるので、ランナーの納まりなどは別に知らなくても問題はないと言えばないです。 各所の納 […]

続きを読む

ランナーとLGSの関係イメージ

LGS壁の具体的な納まり

前回は壁下地としてLGS(軽量鉄骨)と呼ばれる部材について、いくつかある規格の寸法やその使い分けの条件などを紹介しました。 内壁の下地としてLGSは圧倒的な割合で採用されることになるはずなので、LGSの規格やその条件などはしっかりと覚えておいた方が良いと思います。 とは言っても、LGSが使われる頻度がかなり高いせいもあって、頑張って覚えようとしなくても自然と頭に入ってしまうとは思いますが… 今回は […]

続きを読む

LGSのイメージ

LGSと呼ばれる壁下地について

前回は壁下地として鉄骨を組むような納まりについて説明をしました。 こうした納まりは使用場所が限定されることにはなりますが、恐らくは決してなくなる事はなく、様々な場面で使われることになるはずです。 検討をする際には、仕上材の最終的な固定方法をどうするかを意識して決めていく、というあたりが重要な要素になってきます。 ということで、壁下地としての鉄骨については前回で終わったので、今回はもう少しライトな壁 […]

続きを読む