• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

壁の為の鉄骨下地について考える

前回はあまり頻繁に採用される可能性が少ない「コンクリートブロック」について、その仕様などをちょっとだけ取り上げてみました。
これを書いている私自身、今までたくさんの建物に関わってきましたが、このところめっきりコンクリートブロックを見かけません。

少し昔であれば、ゴミ置き場の仕切りとかで時々出てくる事もあったと思うのですが、最近は本当に見かけなくなってしまいました。
ちょっと懐かしささえ覚えてしまう建築材料になってしまったのかも知れません。

前回も書きましたが、地下二重壁があってもほぼ間違いなくコンクリートブロックという記載はなく、ラムダなどの軽量な製品に切り替わっているんですね。
例えばラムダを実際に使ってみると、二重壁の点検口も簡単に配置出来るようになっていたりして、非常に考えられているな、と感じます。

地下の二重壁に求められる性能を満たしているのですから、コンクリートブロックではなくラムダの方が手軽で良いという判断になるのは仕方がないことなのでしょう。
…と、コンクリートブロックの話はもうこれで終わりにして、今回は壁の下地という事で鉄骨下地について考えてみることにします。

鉄筋コンクリート壁・ALC・ECP・コンクリートブロック、という流れで説明をしてきて、その次が鉄骨下地という項目が正解かどうかは分かりませんが…
少なくとも壁を構成する為に必要になる事が多いですから、その基本的な納まりなどについて覚えておく事は決して無駄ではないと思います。

建物の内壁として石を採用したい場合などで、わざわざ鉄筋コンクリート壁やECPなどを建てなくても問題ないような部分は結構あります。
外壁としてであれば止水ラインや耐火性能が必要になるので、まずはECPで外壁をつくってその表層に石を張るなどの納まりになりますが、内壁であればそれが不要な場合もあるんです。

そうした壁の下地として鉄骨下地が採用されることになる訳ですが、鉄骨と言っても建物の構造体として使用されるような大きな部材にはなりません。
具体的なサイズを挙げてみると、100mm×100mmの角パイプとか、100mmx100mmx6mmのアングルなどの部材になってきます。

建物の構造体としての鉄骨はコラム柱やH鋼が多く採用されますが、そこまでの重量鉄骨ではなく、もっとシンプルで入手しやすい部材が下地になる訳です。

・角パイプ

・溝型鋼

・アングル

上記のような鉄骨部材は規格サイズで様々なサイズがあるので、その中から適切な部材を選定して壁下地として使っていく、という感じです。
部材が色々ありすぎてしまい具体的な納まり例が出しにくい状況ではありますが、例えば内壁の石を張る場合の下地などではこんな納まりを採用する事もあります。

石張り下地鉄骨の納まり例

基本的には床コンクリートと上階の床コンクリートの間に角パイプなどで柱をたてて、その柱をつないで壁下地を構築していく納まりになります。
こうした構成にすることによって、石などの重量のある壁仕上材を支えることが出来る程の強固な壁下地が出来上がります。

かなり頑丈な下地になりますから、その分だけ手間やコストは結構かかる事になって、本当に必要な部分にだけ使っていく事になるとは思いますが。
壁だけではなく色々なものを固定する下地として、様々な状況でこのような納まりは登場することになると思いますので、基本パターンを覚えておくことをお勧めします。

次回はもう少し鉄骨下地についての話を続けることにします。

関連記事

  1. ステンレスバイブレーション仕上
  2. スチールパネルの納まり例
  3. アルミカットパネルの例
  4. セラールの施工例
  5. 現実は理想通りにはいきにくい
  6. アスファルト防水とタイルの納まり