• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

ECP下地に金属パネルを施工する場合

前回は押出成形セメント板(ECP)の表面仕上についての話ということで、素地の場合や塗装をする場合、そしてタイルを貼る場合などについて考えてみました。
表面に意匠的な目的で凹凸がついている商品もあって、その選択肢はかなり多種多様になっているので、意匠設計者としては選びがいがあると思います。

今回は引き続きECPの表面仕上材についての話を進めていくことにして、前回挙げた一式の中で最後に残った金属パネルの納まりについて考えてみます。

□金属パネル

金属パネルという表現はちょっと漠然としていて、実際にはどんな仕上なのかが伝わりにくい感じになっていますが、金属にもいくつかあるのでこうした表現をしました。
実際に多いのはアルミパネルとステンレスパネル、そしてスチールパネルになりますが、錆びの問題がある為、外部で使う場合はスチールパネルを採用する事はあまりありません。

重量やコストなどを考えていくと、アルミパネルが多いかなというイメージがありますが、統計をとった訳ではないのでこれはあくまでも個人的な感想です。
アルミパネルは色も自由に選ぶことが出来て、エッジも綺麗に見えるので、設計者が好む要素を兼ね備えている外装仕上材だと言えるでしょう。

こうした金属パネルをECP壁の表面に仕上げようとする場合、問題となるのが下地をどうするかという話で、このあたりの話をクリアしないと金属パネルを納めることが出来ません。
今回はECPについての話なのでここで詳しく金属パネルの納まりを紹介することはしませんが、パネルとパネルの境目部分に少し隙間があって、そこにビスで下地に固定という感じです。

ビスで固定する下地は鉄骨部材になっていて、その部材を壁や床などに固定して納めていくことになります。
ただし外壁がECPの場合は、ECPにアンカーで下地を固定することは出来ませんので、何らかの対応をしておく必要があります。

ECPの基本断面

ECPの断面形状は上図のようになっているので、実際の厚みとしては非常に薄く、そこにアンカーを打っても固定することは難しいんです。
鉄筋コンクリートの壁であれば問答無用でアンカー固定が出来るのですが、ECPではそうはいかないという事で、このあたりが鉄筋コンクリートとの大きな違いだと言えるでしょう。

そうなると、ECPはあくまでも建物の止水ラインとして機能させて、意匠的にはその外側にきちんと下地を組んで金属パネルを施工していく、という考え方をする場合も多いです。
それならばECPに直接金属パネルの下地を固定する必要もなくなるので、強度的な心配をする事もなくなり納まりとしては良くなります。

ただし、止水ラインであるECPの外側に、仕上材を固定する為の下地をもう一度組む必要があるので、全体の壁厚としては結構大きくなってしまいます。
そうならないようにするには、やはりECPから金属パネルの下地を出しておく必要があるのですが、ここで問題になってくるのはECPの動きです。

先ほども書きましたが、ECPは建物の動きに追従して多少は動くことになるので、ロッキングという考え方で固定される事になります。
金属パネルもECPの動きにあわせて動いていくように検討を進めていく必要がある、という話になっていく訳ですが、これが結構難しいんです。

タイルであればECPの目地をまたがないようにタイル割付けをしていき、ECP目地に合わせたタイル目地にシールをしていく事でロッキングに対応することが出来ます。
しかし金属パネルの場合はECPよりも大きなサイズで製作することが可能で、意匠的にも細かく割っていくメリットはないので、どうしても1枚のパネルがECP割よりも大きくなってしまうんです。

この場合の納まりを検討していくと、それぞれのECPに金属パネルを固定していくしかない、という事になってしまうのですが…
それぞれのECPは個別に動く必要があるけれど、ECPをまたいで1枚のパネルを固定しているので動く事が出来ない状態になっている。

という事になってしまい、納まりとしては破綻してしまいます。
これを解消するにはちょっと特殊なECPを採用する必要がありますが、そのあたりの話は次回に続くことにします。

関連記事

  1. 45二丁掛けタイルの施工例
  2. 内壁ECPの足元納まり
  3. アスファルト防水とタイルの納まり
  4. 建物の外壁
  5. ステンレス曲げパネルの納まり例
  6. 耐火遮音性能を持つLGS壁納まり