• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

建物の外壁について

建物の壁として求められる性能には様々な種類があって、前回までの話でそれぞれの性能について簡単に説明をしてきました。
求められる性能は建物の用途や場所によって色々と違ってくることになりますが、壁の性能に関しては何となくイメージは出来たのではないでしょうか。

こうした求められる性能を満たすにはどのような納まりが必要になるのか、というあたりの話についてはもう少し後で具体的に説明していこうと思っています。
まずここでは、シンプルに「壁」と言っても求められる性能には色々あって、その性能によって壁の使用が色々分かれていく、ということを覚えておきましょう。

と言うことで、壁が持っている性能についての説明はこのあたりで終わりにしておき、そろそろ次に話に進んでいく事にしましょう。
まずは壁の性能が色々あることを踏まえて、壁の大まかな区分として外壁と内壁がある、というあたりの説明に進んでいこうと思います。

壁には色々な性能があって、構造体として考えられるかどうか、止水性能・断熱性能・耐火性能・遮音性能などなど、建物にとって必須と言える重要な性能が壁には求められることになります。
部屋と部屋を区切るという壁として求められる最低限の性能を満たすことは、もちろん壁ですから当然の話として、その上でどんな性能があるかどうか、という話になります。

こうした壁の性能によって壁の種類はある程度決まってくることになるので、まずは必要とされる性能についてきちんと把握しておく事が重要です。
そんな訳で今まで壁の性能について色々と説明をしてきました、

それを踏まえて壁の仕様とか納まりの検討に進んでいくことになりますが、まずはこの前提条件をしっかりと押さえておかないと次のステップには進めません。
…という話をまずは前提として、今回は建物を構成する壁の種類として、外壁と内壁の区分について考えてみることにします。

まずは外壁とは何かという話からです。

□外壁

建物の外壁

外壁というのは読んだままの意味で、建物の外周を構成する壁の事を指していて、建物外部と内部を隔てる壁という事を意味しています。

外壁がどのような構成になっているのかは仕上によって色々になりますが、必ず求められる性能として「止水性能」が挙げられます。
建物の外周を構成する壁ですから、建物外部の雨などが室内に入ってこないように、という性能を求められるのは当然のことだと言えます。

外壁は何よりもまず止水性能を満たすことを一番に考える必要があって、その次くらいに意匠的にどう見せるのかが来る、という優先順位だと私は思っています。
建物の壁から水がしみ出してくる建物では、どんなに意匠的に洗練されたデザインだったとしても、恐らく建物を利用する人は喜ばないはずですから。

建物の外壁がどのような構成になっているかについては、建物の構造がどのようになっているかによって大きく違ってきます。
例えばRC造であれば外壁はコンクリートである確率が高くなりますし、S造であればコンクリートは採用されずにALCやECPなどが採用される確率が高くなります。

コンクリートもALCもECPも、止水性能を持った壁としては充分なスペックを持っているのですが、それをどのように見せることにするのかは少し別の話になります。
建物の外壁になるので上記の壁仕様はあくまでも壁の下地と考えて、その上には見えてもおかしくないようにきちんとした仕上材を選定していく。

外壁の考え方につては色々なパターンがありますが、外壁に関して言えばそのような考え方で壁が構成されている場合が多いです。
建物の外壁というのは建物の見た目を大きく左右する非常に重要な要素になる訳ですから、性能にプラスして見た目も意識していくのは当然のことでしょう。

関連記事

  1. 定番が一番の場合は結構多い
  2. ラーメン構造と壁構造
  3. 建物の内壁
  4. 45二丁タイルの立面図
  5. 耐火遮音性能を持つLGS壁納まり
  6. 人に聞く事が恐らく一番重要な要素