• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

床納まりまとめ-2

このカテゴリでは床仕上げの種類や納まりについて色々な話を取り上げて来ましたが、前回からは今まで説明してきた話のまとめに入っています。
今回も引き続き床納まりのまとめという事で、ちょっと特殊な床の納まりについて色々と考えてみたいと思います。

床仕上材によって床コンクリートを下げるかどうかの確認が出来たら、次のステップとして特殊な床下地がないかを確認していきます。
床仕上材と特殊な床下地の範囲を把握して、そこでようやく床コンクリートを下げておく範囲を決めていくこと出来るようになります。

・水を使用する部屋であればアスファルト防水が必要

・事務室系であればOAフロアが必要になる場合もある

・防音性能が必要な部屋であればスペックによっては浮き床が必要

・場所によっては床暖房を採用する部屋もある

というような感じで、それぞれの部屋によって上記のような床の性能が必要にならないかを確認していく事になります。
ただし、事務室だから必ずOAフロアがある訳ではなかったり、水を使う部屋であれば必ずアスファルト防水が必要などの区分が結構大変だったりします。

事務室系の部屋では部屋の規模やどのように使うのか、そして最終的にはコストを考えてOAフロアを採用するかを判断するのは設計者の役割です。
そうした判断の中で、必ずしもOAフロアが正解という訳ではない場合もあるので、そのあたりの判断が難しくなる場合もあります。

しかし浴室など大量に水を使用する部屋であれば、間違いなくアスファルト防水が必要になって来るので、そのあたりで判断を迷う必要はありません。
下階に水を漏らさないようにするというのは、建物の基本的な性能になっていて、このあたりは施工者側も当然確認していきます。

水漏れ関連のトラブルが発生した場合には、どのような設計図になっていたかに関わらず、施工者側にクレームが出る事になってしまいます。
施工者は施工のプロですから、設計図の内容がどうであれ水が漏れるような建物を造る訳にはいかないので、そのあたりには非常に敏感に反応します。

こうしてそれぞれの部屋に対しての床仕上材を確認していき、それとリンクするかたちで床コンクリートのレベルを決めていく事になります。
これによって、まずは鉄骨などの構造体レベルを明確にしておく、という納まりの流れが何よりも重要になってくるんです。

まずは構造体の決定を

構造体レベルを決めた後でも、恐らく色々な打合せによってプランが変更になる場合がありますから、その都度構造体に影響がないかを確認していく必要があります。
せっかくこうして検討をした部分については、様々な変更があったとしても、最後まで追いかけて整合を取っていくことが非常に重要になります。

そうしないとせっかくの検討が無駄になってしまう場合もあるので、色々な変更に合わせて粘り強く整合を取っていく、というのが施工者の役目になります。
実際にやってみるとよく分かりますが、本当に「粘り強く」という表現がぴったりくるような、地道な調整が続くことになるんです。

こうした考え方は、このカテゴリで取り上げた床仕上材の納まりについての話だけではなく、あらゆる部分で同じ事が言えます。
建築の納まりを検討していく中では、このあたりを強く意識しておくことをお勧めします。

と言うことで、これで床仕上関連の話はひとまず終わりになります。
もう少し深く掘り下げて説明をする機会が来るとは思いますが、床の納まりばかり詳しくなっても仕方がないので、次は壁の納まりに進んでいくことにします。

関連記事

  1. モルタル+床タイル張り納まりの例
  2. セルフレベリング材の納まり例
  3. 床タイルカーペットの例
  4. アスファルト防水の納まり例
  5. ビニル床タイルの一般的な納まり
  6. ビニル床タイルの一例