• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

床納まりまとめ-1

さて、今まで色々と床納まりについての話をしてきましたが、ようやく最初に説明をしておきたい内容についての話が一通りが終わった感じになりました。
かなり長い話になってしまいましたが、もしここまでの内容を全部読んできた方がいらっしゃったら、ここで改めてお礼を申し上げたい気持ちです。

お礼

本当に大変だったと思いますが、読んで頂きありがとうございました。
また、もし不足している情報があった場合には、後でそうした抜けを解消する為に動きますので、お手数ですが今しばらくお待ちください。

なかなか順序立てて分かりやすい説明をするのは難しいもので、もしかしたら説明したいと思っている内容から抜けがあるかも知れませんが…
その時はその時で、追加で色々書いていくしかないので、ひとまず床の納まりに関しての話はこれで終わりということになるかと思います。

最後に今まで説明してきた床納まりについての話を簡単にまとめてみて、もう一度ざっと確認をした後で次のステップに進んでいくことにしましょう。
まずは床仕上材の大まかな分類からおさらいです。

□薄くてコンクリートに直接施工する床仕上材

・長尺塩ビシート

床長尺シートの納まり例

・ビニル床タイル

ビニル床タイルの一般的な納まり

・タイルカーペット

タイルカーペットの一般的な納まり

・カーペット

床カーペットの一般的な納まり

・塗り床

塗り床の納まり断面図

□ある程度厚みがあって仕上代が必要な床仕上材

・石

床石張りの標準断面図

・タイル

モルタル+床タイル張り納まりの例

・フローリング

フローリングの納まり例

□床仕上材の下に何かを仕込んでおく必要がある場合

・アスファルト防水

排水溝の納まり例

・OAフロア

OAフロア+置敷きビニル床タイルの納まり

・床暖房

・浮き床

防振浮き床納まりの例

床仕上材には色々な種類がありますが、納まりを検討していく際の方針として大きく分類すると、上記のように3つに分けることが出来ます。
床仕上材の納まりによって、床コンクリートのレベルを下げる必要があるのかどうか、あるいは特殊な納まりの為にコンクリート天端を下げていく必要があるのかが決まってきます。

このあたりの話は毎日の仕事に影響がある話ですから、もし床を下げておく必要があるのであれば、事前に検討しておく事をお勧めします、
床仕上の検討項目として最も大きいのが、この「床コンクリートを下げる必要があるかを確認する」という点にありますから。

床コンクリートを下げず、その上に床仕上材を張る考え方であれば、仕上工事の直前まで床仕上材は変更しても特に問題はありませんが…
ただ、例えば長尺塩ビシートで計画していた範囲に対して、後で「やっぱり石を張りたい」というのは無理なので、まずは床を下げておく必要がある範囲が重要になってきます。

床コンクリートのレベルは鉄骨などの構造体形状に大きく関わってくるので、出来るだけ早い段階で床の納まりを含めてレベルを決めておく必要があります。
そうした検討を進める為にも、床仕上材の種類や特徴、そして最終的な納まりの考え方について詳しく知っておく必要がある訳です。

このあたりの流れが分かっていれば、あとは自分の中の納まりバリエーションを増やしていく事で、床納まりについては特に問題なくなるのではないかと思います。

こうして納まりについての情報を発信している側からこのような事を書くのは残念ですが、ここに書かれている内容を読んだからと言って、それが完全に自分の知識になる訳ではありません。
やはりそうして吸収した知識をベースに自分で仕事をやってみて、もちろん上手くいかない場合もありますが、そうした失敗を含めた経験をすることに勝るものはないんですよね…

とは言っても、全く知識がない状態では仕事に取りかかる事も、何をして良いかも全然分からないので、恐らく失敗をすることすら出来ないと思います。
まずは当サイトに書かれている内容などを読んで知識を集めていき、出来るだけ仕事で実際にその知識を使ってみる事をお勧めします。

関連記事

  1. サンドブラスト仕上
  2. アスファルト防水の納まり例
  3. 防振浮き床納まりの例
  4. コンポジションビニル床タイルの断面
  5. 床レベルの検討
  6. ビシャン仕上