• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

フローリングのグレード感

前回は床仕上材としてフローリングについて取り上げていき、フローリングが持っている大きな特徴についていくつか紹介をしてみました。
石にも全く同じことが言えると思いますが、木という自然の中にある本物の材料を建物に使うというのはやはり良いものですよね。

そうした自然な木目を材料として持っているフローリングという床仕上材は、それだけで意匠的に大きなメリットを持っている、という事が言えるでしょう。
とにかくフローリングは見た目が全てです! という表現はかなり極端過ぎて違いますけど、雰囲気や見た目が大きな要素になっていることは間違いありません。

木ならではの特徴として、石やタイルなどに比べるとどうしても柔らかいので、表面に傷やへこみが出来やすいという問題もあります。
もちろん木の素地そのままをフローリングにしている訳ではなく、表面にコーティングをかけたりもするのですが、材料が持っている特徴を全てなくすことは出来ないんですよね。

フローリングのへこみ例

ただ、これはもう仕方がない事だと思うしかありません。

本当に傷やへこみが気になるのであれば、ビニル床タイルの中に木目調の商品がありますから、そこから柄を選定することも出来ます。
そうすると見た目は木だけど傷が付きにくい状態になるので、木が本物ではない事だけを我慢すれば性能としては問題がなくなります。

でもこの「本物の木ではない」というあたりが大きな問題だったりするので、そう簡単にはいかない事は私も分かってはいますが…
本物の木を採用するのであれば、木が持っている特徴がある程度フローリングには出てしまう事も許容出来るのではないかと思います。

こうした床が傷つきやすいという特徴は、床仕上材としてはかなりのマイナスになるはずですが、そうした欠点がありながらもフローリングは採用されることになります。
やはり仕上材としての雰囲気が良く、意匠的に優れているというのはそれだけで大きなアドバンテージになるのだなと、特徴を説明している中では感じました。

今回からはそんなフローリングが実際にはどのように納まるのか、というあたりについて説明を進めていくことにしましょう。
まずは床仕上材本体の厚みから考えてみると、フローリングの厚みというのは、メーカーが用意している商品によって少しずつ違ってきます。

個人的な意見としてはいまひとつ納得いかない部分もありますが、一般的にはフローリングの板厚が厚い商品は高級なグレードということになっています。
一度床に張ってしまえば厚みはもう確認出来ない、という気がするのですが、それでも厚さのあるフローリングを採用する場合は結構あります。

まあフローリングが厚いと「歩行感」が違うという可能性もありますが、あくまでも設計者のこだわりに過ぎないという気もしています。
このあたりのグレード感については、私がどうこう言えるような話ではなく、やはり様々な商品と同じでスタンダードタイプがあってハイグレードタイプがあるという感じになります。

具体的な数字で言えば、通常のフローリングであれば大抵は12mmの厚さがあって、ハイグレードタイプのフローリングであれば19mm程度になります。
この7mmの違いでどう変わってくるのか…という気もしますが、恐らくハイグレードタイプは厚みだけではなく木のグレードも高かったりするのでしょう。

木というのは自然の素材ですから、中には「節」と呼ばれる見た目があまり良くない部分が存在するのですが、それを排除したグレードの商品もあります。
当然そうした商品の方が高くなる訳で、やはり見た目が良くなる事とコストアップというのはほぼセットになっているという事でしょう。

関連記事

  1. 単層ビニル床タイルの例
  2. 磁器質タイル
  3. ビニル床タイルの一例
  4. アスファルト防水の納まり例
  5. スケジュール感を持って進める
  6. 床タイルカーペットの例