• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

塗り床の特徴と納まり

塗り床(ぬりゆか)というのはその読み方の通り、床コンクリートに直接塗料を塗っていくという考え方の床仕上材になります。
一口に「塗料」と言ってもその種類は様々で、求められる性能を満たすことが出来るように、色々な種類と性能を持った塗り床が用意されています。

床仕上材のグレードとしては、床コンクリートに何かを貼っていくのではなく、直接塗っていく考え方になる訳ですから、それ程高いグレードではありません。
例えば地下駐車場とか機械室など、コンクリート素地では少し困るけれど、長尺塩ビシートを貼る程ではない、というような部屋で採用されることが多いです。

「塗り床」という呼び方の他に「防塵塗装(ぼうじんとそう)」と呼ばれることもあります。
これは、コンクリート素地の場合は表面がざらざらで常に埃っぽい状態になるけれど、防塵塗装を施せば少なくとも表面はつるつるになり清掃がしやすくなるという意味があります。

ただ、幾つかの呼び方を混在させて説明していくのはあまり分かりやすくないので、当サイトでは防塵塗装ではなく塗り床という表現を使っていきます。
塗り床の仕様は色々とありますが、色の選択肢自体はそれ程多くはなく、グレートか緑などが一般的な塗り床という感じで、見た目としては以下のような感じになります。

塗り床のイメージ

緑色も厨房などで良く採用される塗り床の色ではありますが、グレーが最も無難な色と言えるのではないかと思います。
上記を見て頂ければ、決して意匠的に力を入れたい場所に採用される種類の床仕上材ではない、という事が分かるはずです。

塗り床が主に採用されるのは、機械室とかPS・EPS(設備や電気の為のスペースです)などのあまり建物利用者の目に入らないような部屋になります。
もしくは地下駐車場で頻繁に車が通る場所とか、厨房で常にお湯が流されるとか、激しく床に負担がかかるような場所でも採用されます。

塗り床が持っている性能は商品によって様々ですが、その中には「毎日車がたくさん通ってもすり減りにくい」という商品もあります。
こうして耐久性の高い床仕上材が求められる場合には、長尺塩ビシートなどを選定することは出来ず、塗り床しかないということになる事も多いです。

塗り床の納まりとしては、床コンクリートに直接塗っていく事になる訳ですから、特に難しい納まりにはならない場合がほとんどです。
気にするのは床コンクリートに対して塗り厚がどのくらいになるのか、という部分ですが、床に段差が出来る程の厚さにはならないので特に気にしなくても問題はありません。

塗り床の納まり断面図

ただし塗り床の中には、塗り床の耐久性を高めるという目的で、床コンクリート打設時に同時施工するような商品もあります。
そのあたりはそれぞれの部屋で求められる性能を考えた商品選定をおこない、その商品に適した施工方法を選択していく必要があります。

その部屋に求められる性能を満たす為、塗り床の仕様は本当に様々あって、よくある性能としては以下のようなものが挙げられます。

・重量物走行耐性 : 大型倉庫などでフォークリフトなどが走行する場所

・熱水耐性 : 厨房などで熱湯が床に流される場所

・氷点下耐性 : 冷凍庫などで常時氷点下になる場所

・帯電防止 : 研究施設など

・防滑性 : 駐車場や歩道など滑りにくさを求められる場所

・弾力性 : スポーツ施設など人が走る場所

塗り床に求められる性能は主に上記のような感じになりますが、もちろん機械室やPSなどの部屋では上記のような高性能は塗り床は必要ありません。
そうした部屋に採用されるような汎用タイプももちろん商品としては用意されていますから、設計者としてはそれぞれの部屋に求められる性能を考えた選定をしていくことになります。

設計者としても施工者としても、それぞれの商品名と特徴を全部覚えておくなどして、商品に詳しくなっていく必要性はそれほど高くありません。
色々な性能が用意されていて、それぞれのシーンにあわせて商品を選定していけば良い、という認識で問題はないはずです。

商品を選定する段階になったら、カタログを調べていくくらいの認識で大丈夫でしょう。
と言うことで、塗り床についての話はこれで終わりにして、次回からは床コンクリートを下げておく必要がある床仕上材について取り上げていこうと思います。

関連記事

  1. コンポジションビニル床タイルの断面
  2. まずは構造体の決定を
  3. フローリング仕上の一例
  4. 設計者と施工者とで連携して進める
  5. 床レベルによりS柱形状が変わる例
  6. 単層ビニル床タイルの例