• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

床に石を張るという考え方

床コンクリートに直接張っていく、あるいは床コンクリートに直接塗っていくタイプの床仕上材について今まで色々と説明をしてきました。
長尺塩ビシートとビニル床タイル、タイルカーペットとカーペットと、いずれも床コンクリートに直接接着剤で貼っていくタイプでした。

床の基本納まりパターンとしては、やはりこうしてコンクリートに直接貼っていくという考え方が最もシンプルで納まりが良いという事なのでしょう。
素材や色や性能などが本当にたくさんあって、意匠設計者の選択肢としては本当に色々ありすぎて迷ってしまうくらいだという事が分かってきました。

こうして様々な種類が用意されている床仕上材の中から、色や柄を含めてそれぞれの部屋に適したものを選定していくのは設計者として楽しい業務ではあることは間違いありません。
ただ、こうした選定はもちろん床仕上材だけではなく、ありとあらゆる仕上材についてきちんと検討して決定していかなければならない、というのは結構大変な業務でもあります。

しかも時間が限られているという条件があって、なおかつ施主も納得するような選択である必要もあるので、仕上材の選定業務は決して楽しいだけでは済まないものです。
実際は何のしがらみもなく自分の好きなように仕上材を選定出来ることなどなく、色々な人に確認をとっていくなどの調整が必要になったりもします。

本当に自分で自由に仕上材を選定出来るのは、恐らく自宅を建てるとかリフォームする時、つまり自分が施主になる場合だけではないかと思います。
もちろん一般的な施主であれば、かなりの割合で意匠設計者に色などの決定を任せるものではありますが、大きな部分についてはやはり確認が必要になってきます。

こうした「施主に仕上材などを説明する必要がある」状況になる場合がほとんどなので、意匠設計者は説明が上手な人が多いです。
まあ設計者には必須のスキルですし、毎日設計者としての仕事をしていれば自然と鍛えられる訳ですから、当然のことかも知れませんが。

…と、ちょっと違う話になってしまいましたが、話を戻します。
今回からは、床コンクリートに直接貼っていく床仕上材ではなく、床コンクリートのレベルを下げて納める必要がある床仕上材について色々と説明をしていくことにします。
まずは床に石を張る場合について色々と説明していきますね。

床に石を張るというのはちょっとイメージしにくい方もいるかも知れませんが、石と言っても道に転がっている石ころのようなものではありません。
建築関連の仕上材としての石というのは、山から切り出して来た石を薄い板状にスライスして表面加工をしたものを指しています。

イメージはこんな感じ。

床石張りのイメージ

ちなみに上記の写真は上野にある法隆寺宝物館。外部と内部の石目地を建具方立にあわせているのが分かります。

とても美しい建物です。

「石」と一口に言ってもそこには幾つかの種類があって、その種類によって色や柄や仕様などが違ってくることになります。
仕様というのは石の硬さや水の吸い込みやすさなどを指していて、どの程度の硬さを持っているかによって床に適した石か壁に適した石かが変わってきます。

今回紹介していくのは床に施工する為の石になりますから、人が何度も通過した時にすり減らないことが床材としての条件となり、自然と硬い石を選定していくことになるかと思います。
いくら色と柄が美しい石であっても、柔らかい石を床に張ってしまうと、建物を運用した段階であっという間に床の石はすり減ってしまいます。

そうなってしまうと、最初がどんなに美しい仕上の石であっても、結局は全然意味がないことになってしまうので、見た目の美しさとあわせて耐久性も見ていく必要があります。
耐久性が高い石にはどのようなものがあるのか、というあたりの話は次回取り上げることにして、今回はまず床に石を張る場合のイメージを掴んでおくことにしましょう。

関連記事

  1. 水勾配の分類
  2. コンポジションビニル床タイルの断面
  3. サンドブラスト仕上
  4. 柄パターンを敷き詰めた例
  5. OAフロア+置敷きビニル床タイル
  6. 市松貼りのタイルカーペット