• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

タイルカーペットの敷き方

前回は床仕上材としてタイルカーペットが持っている特徴、そしてその納まりについて紹介をしてみましたが、これは割と馴染みのある仕上材なので分かりやすいのではないかと思います。
会社に勤めている方であれば、いつも仕事をしているオフィスの床は大抵の場合タイルカーペットだったりするので、見かける機会は結構あるはずです。

とは言っても「お、ここの床はタイルカーペットなのか…」みたいな感想を持つことはほとんどなく、普通の床だと思ってほとんど気にとめない場合が多いですが。
今回は引き続きそんな存在感のタイルカーペットについて話を進めていきたいと思います。

タイルカーペットと呼ばれる床仕上材は、一般的には500mm×500mmサイズの材料を現場で敷き込んで施工をしていくことになります。
この500mm角という大きさが絶妙で、一人で運ぶことも出来ますし、持ち運びやすいからこそ貼っていきやすいというサイズ感になっているんです。

ただ、持ち運びやすいからと言ってあまりにも小さいと、何枚貼っても施工が進んで行かずに効率が悪いのですが、500mm角であれば4枚貼って1平方メートルなのでそれ程悪くはない。
そうした色々を考えていくと、500mm×500mmというタイルカーペットのサイズは色々とバランスが良いという事になる訳です。

こうして色々と計算されたサイズだからこそ、タイルカーペットは手軽な床仕上材として選定されることが多くなっているんです。
そう言った意味では、施工しやすく交換もしやすいという、丁度良いサイズというのは非常に重要な要素になっていると言えるでしょう。

500mm角のタイル状カーペットを床に敷き詰めていく際には、どのようなパターンで敷いていくか、という部分が結構重要な要素になってきます。
今回はそのあたりの話を取り上げてみることにして、まずは綺麗にデザインされたタイルカーペットのパターンについて見ていくことにしましょう。

タイルカーペットはその種類にもよりますが、500mm×500mmで構成されている1枚のタイルカーペットでも、1枚で柄のパターンがきちんとついているものが中にはあります。

タイルカーペットのパターン例

上図のようなデザインのタイルカーペットはたくさんありますから、その中から適切な品番を選定していき、それぞれの部屋に合った見た目になるようにデザインしていく。
こうした作業は建物全体の見え方をコントロールしている意匠設計者が受け持つ仕事で、適切な床仕上材を選定する為には様々な選択肢を知っておく必要があります。

デザイン方面の話には特に「コレが正解」というものがないですから、それぞれのパターンを意識しながら意匠設計者として美しい床面を造り上げていく事を狙っていくことになります。
まあそうやって書くのは簡単で、実際にそれを実現するのはなかなか難しいものですが、難しいからこそ意匠設計者のスキルには価値があると言えるでしょう。

柄パターンを敷き詰めた例

上記は元々1枚のタイルカーペットに柄が入っていて、それを連続させていくようなデザインになっていますが、こうしたパターンはたくさんあります。
たくさんあるから迷ってしまう、という意見も当然あるのですが、迷ってしまうくらいたくさんの選択肢があるというのは基本的に良いことではないかと思います。

何も選択肢がない、もしくは選択肢が少なすぎる状態では、恐らく意匠設計者が自分の思ったような内装を実現出来ませんからね。
タイルカーペットの貼り方パターンは上記以外にも結構あるので、次回にもう少しだけ紹介してみたいと思います。

関連記事

  1. コンポジションビニル床タイルの断面
  2. 床石張りのイメージ
  3. 図面検討の役割
  4. 床仕上材の仕様は色々ある
  5. 床タイルのイメージ
  6. フローリングの納まり例