• 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む

床に石を施工する場合の注意点

床仕上材として石を採用する場合について色々書いていく中で、石材の表面仕上げについて、床には使わない仕上まで説明してしまいました。
壁の項目で説明すべき話も結構多く、ちょっと先走り過ぎたかも知れません。

色々ある表面処理についてバラバラに説明するのはちょっと分かりにくいかも、という気持ちで一気に書いてしまいましたが…
もし時間に余裕があるのであれば、ここで一通り読んで頂けると嬉しいです。

このカテゴリはあくまでも床仕上材についての説明だったのですが、実際に床仕上材で使用する表面処理はそれほど多くはありません。
大抵の場合ジェットバーナー仕上、もしくはジェット&ポリッシュ仕上という事になる場合がほとんどではないかと思います。

説明が長すぎて分かりにくいと思った方は、少なくとも上記の仕上だけを読んで頂ければ、床仕上の納まりとしては問題ないはずです。
…と、石の表面仕上についての前置きはこのくらいしておき、今回は床仕上材としての石の納まりについて説明していくことにします。

建物の決められた範囲に床仕上材として石を張っていく際には、どのような納まりになって、どのような検討が必要になってくるのか。
納まりの関係については断面図を見て頂ければ分かるはずですが、それ以外に検討する項目があるかどうかについてもここでは考えてみることにしましょう。

床仕上材として石を採用する場合の基本的な流れは以下の様になります。

・まず石種を確認

  ↓

・選定した石種が床に適しているかの確認

  ↓

・石の厚みを確認

  ↓

・石を張る範囲の床コンクリートを下げておく

  ↓

・目地割りを計画する

床仕上材としての石は、当然厚みがあるものを張る訳ですから、施工の為に必要な寸法を含めて床コンクリートを下げておく必要があります。
以前も同じような話をしましたが、床コンクリートの天端を下げる必要があるのであれば、恐らく梁のレベルも下げておく必要があるはず。

この部分が非常に重要なポイントになってきます。

構造体である梁のレベルを下げるなどの調整が出来るのは、建物の構造にもよりますが、工事のかなり序盤ということになってしまいます。
後から梁のレベルを下げようとすると大変な労力とコストが必要になる、というか、大幅に壊してやり直しという事になるので避けたいところです。

そうした困った状況にならない為にも、しっかりと計画をたてて石を張る範囲(=コンクリートを下げる範囲)を決めておく必要があります。
こうした部分は事前に検討する図面の出番という事で、手間をかけて図面を作図するのはこうした検討をするなんです。

石の厚さは一般的には25mm~30mm程度になりますから、その厚さにプラスして施工する為のスペースが必要になります。
壁の場合は全然話が違っているので「床に関しては」という条件が付きますが、床の石は基本的に湿式工法で施工をしていくのが一般的。

具体的な話としては、床コンクリートの上に敷きモルタル(バサモルタル)を敷き込んでいき、その上にセメントペーストを塗って石を張っていく。
そんな納まりになります。

床石張りの標準断面図

床に張る石の厚さと敷きモルタルの厚さを考えていくと、少なくとも60mm程度は床コンクリートを下げておく必要があるという関係性がこれで見えてきます。
施工精度や石の厚みによってこの数値は少しずつ変わってくる、というあたりがちょっと困ってしまう部分でもあるんですが…

例えば工事の序盤ですぐに床コンクリートのレベルを決めたい状況でも、その時点では石を施工する専門業者さんが決定していない。
これは良くある話なので、そうした状況では今までの経験を生かして、後で決まっても結局は納まるようなレベルに設定をしておく事になります。

関連記事

  1. OAフロア+置敷きビニル床タイル
  2. 市松貼りのタイルカーペット
  3. 水勾配の分類
  4. まずは構造体の決定を
  5. 白御影石のイメージ
  6. 床OAフロアの例