• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

市松貼りと流し貼りと

前回はタイルカーペットの基本的なサイズと、その貼り方パターンには意匠的に色々な選択肢があります、という話を紹介しました。
柄がたくさんあって、その組み合わせの選択肢もたくさんある、というのは意匠設計者にとって非常に嬉しいことではないかと思います。

床のデザインというのは結構部屋の雰囲気を変えるものですから…
と言うことで、タイルカーペットを貼っていくパターンにはどのようなものがあるのか、というあたりについてもう少しだけ紹介してみたいと思います。

前回は柄があるタイルカーペットのパターンを紹介しましたが、柄がある商品だけではなく、特に柄がない単一で無地のタイルカーペットも一般的な商品として扱っています。

単色のタイルカーペット

こういった床仕上材の方が最終的には使い勝手が良くなる場合が多く、様々な柄の商品があるにも関わらず、こうした一般的な無地が選定される場合が結構あります。
ただ、無地のタイルカーペットであっても敷き方によってはパターンに見える事も多いので、以下のような感じに見える部屋を見たことがある方は結構多いのではないかと思います。

市松貼りのタイルカーペット

上記写真では無地のタイルカーペットなのに市松模様に見えますが、別に違う商品を使っている訳ではなく全て同じものを敷いてこのように見せているんです。
原理は非常にシンプルです。
タイルカーペットにはカーペットを構成するパイルに向きがあるので、その向きを意識して縦横を交互に貼っていく事で見た目が変わるんです。

この貼り方をそのまんまではありますが「市松貼り」と呼びます。

市松貼りはタイルカーペットの継ぎ目が目立ちにくく、最も一般的に採用される貼り方、という感じで教わってきましたが、柄によっては継ぎ目がかなり目立つ気がします。
意匠設計者は「最も一般的な…」というフレーズを嫌う傾向にありますから、市松貼りを嫌う設計者は私の知る限りは結構たくさんいます。

ではどんな貼り方を好むかというと、交互に貼るのが市松貼りなので、その対極にある「流し貼り」と呼ばれる貼り方が多くなります。
流し貼りというのはタイルカーペットを全て同じ向きに貼っていく方法で、そうすることによって床の市松模様が消えることになります。

ただしこの流し貼りは、タイルカーペットの製品によっては「流し貼りを推奨しません」と書かれているものもあるので、事前に商品と推奨される貼り方を調べておく必要があるでしょう。
表現が「推奨しません」だからちょっと控えめで、実際には推奨されないけど流し貼りにした、ということは結構私の経験としてはあります。

流し貼りにしてみた結果として、実際にはそれほどおかしくはなかったので、それほど厳密ではないのかも知れませんね。

これはあくまでも私の個人的な感想ではありますが、流し貼りの方がタイルカーペットの継ぎ目が目立ちにくいような気がします。
それは私が見てきた製品が偶然流し貼りに適している材料だったのかも知れないので、やはりパターンと推奨される貼り方を守って品番の選定をしていく事をお勧めします。

タイルカーペットには他にも色々な貼り方があって、半分ずらしてみたりランダムに貼ってみたりアクセントを入れたりと選択肢は本当に多いです。
そうしたたくさんある選択肢の中から、その建物に適した床仕上材と貼り方を選定していく、というのが意匠設計者の腕の見せどころではないかと思います。

納まりの定番パターンとかお気に入りの納め方などを持っている方が楽ではありますが、それでは毎回同じような納まりを選ぶだけの繰り返し作業になってしまいます。
それでは恐らく全然面白くないはずなので、時にはいつもやっているやり方を疑ってみたりして、前回の自分とは違うことをやってみるのも良いと思います。

関連記事

  1. 床仕上材の仕様は色々ある
  2. 水勾配の分類
  3. カーペットのイメージ
  4. スケジュール感を持って進める
  5. 床仕上レベル設定の考え方
  6. 床タイルのイメージ