• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

床タイルの基本納まり

さて、タイルが持っている特徴や種類などの話は前回までで終わりにして、今回からはタイルの具体的な納まりについて考えていくことにしましょう。
まずは最も考えておかなければならない問題、床コンクリートのレベルについて。

石の納まりの場合と同じくタイルは厚みのある床仕上材ですから、床仕上天端レベルをFL±0に設定したい場合には床コンクリートを下げておく必要があります。
床仕上天端レベルをFL±0に設定するというのは、当たり前の話ですが、他の床と同じレベルに設定するということを意味しています。

床仕上材をタイルにする部屋だけ少し床が上がっている、というような事はあり得ませんので、通常は床天端が揃うようにコンクリートを下げる必要があるはずです。
だからまずはタイルを貼る範囲を確定させておき、その上で床コンクリートを下げておく必要がある範囲をそれとセットで確定させる。

…と、ちょっと理屈っぽい説明に仕上がっていますが、床タイル仕上で検討を進めていく流れはこんな感じになります。
こうした検討に必要なのが「タイルを貼る為に床コンクリートをどの程度下げておく必要があるのか」という部分になってきますが、断面図はこのような感じになります。

床タイル直張り納まりの例

床で採用されるタイルの厚みは大きさによって微妙に違ってきますが、大抵の商品は厚くても15mm程度で10mm程度の商品も結構あります。
施工精度の事をあまり考えなくても良いのであれば、タイルの厚さ+2mm~3mm程度で床タイルを施工することは可能です。

15mm厚のタイルであれば18mm下げておけば良いですし、10mmのタイルであれば13mm下げておけば良いということになる訳です。
しかしここで問題点が二つほどあります。
ひとつは床コンクリートのレベルを決める時点では間違いなくタイルの品番は決まっていないという点で、もうひとつがタイル厚から3mm下がりで精度良く施工など出来ないという点。

これらの現実を考えてみると、床タイルが決まっていない状況でタイル厚から3mm下がりのレベルで床コンクリートレベルを決めるのが危険だということが分かってくるはず。
仕上が決まっていない状況で下地を決めなければならない、という状況は残念ながら結構な割合であるものです。

そうした状況で施工者が考えるのは、仕上が決まったときに「納まりませんでした」となる事だけは避けたいという事。
なので、未決定項目がたくさんあるような状況であれば、後で調整が出来るように少し大きめに床コンクリートを下げておくという考え方をする場合が多いです。

今回の例で言えば、まずは床コンクリートの天端レベルをFL-30で決めておく、というような考え方を施工者はするはずです。
少しだけ大きめに寸法をとっておくことによって、後で決まったタイルがどれだけ厚いものになってもほぼ間違いなく納まります。

その為に床コンクリートレベルを余分に下げておく数値が10mm程度であれば、余分に下げておくことで多少のコスト増にはなりますけど問題はありません。
それよりも、ぎりぎりの数字を狙って施工をしてしまった後で、どうにもならない状況に悩む方がよっぽど効率が悪いので、そうした状況を避けるような納まりを施工者は考えます。

と言うことで、工期的な話と施工精度を考えた際に、どちらも逃げがきく床タイルの納まりはこんな感じになります。

モルタル+床タイル張り納まりの例

床コンクリートを打設した際の精度も完全に平らとは言えないですし、そもそもタイルの厚み自体が決まっていない状態。
タイルの品番が決まるまで床コンクリートのレベルを決めない、というようなことが出来れば問題はないのですが、もちろんそんなことはあり得ません。

そうなると上図のように逃げておいて後からモルタルで調整する、というやり方が一番バランスが良いのではないかという事になる訳です。
建物の床コンクリートレベルを決めていく段階というのは非常に忙しい状況ですから、後回しに出来ることは積極的に後回しにした方が良い結果につながる事が多いと思います。

もちろん理想的な話をすれば、タイルの品番とか厚みなどが決まらないと床コンクリートのレベルが決められない、という事になるのですが。
理想がどのような状態かをを知りつつも、現実がそれとは剥離していることも知っている訳で、そのあたりはバランスを取りながら仕事として回していくしかないですよね。

関連記事

  1. 床石張りのイメージ
  2. 床仕上材の仕様は色々ある
  3. セルフレベリング材の納まり例
  4. 床仕上レベル設定の考え方
  5. フローリングの納まり例
  6. フローリング仕上の一例