• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

仕事のスタンスは人それぞれで

やることが多くて時間が限られている場合には、業務に優先順位を付けていく事と、必要そうに見えて実は不要な業務をやめる事が重要になってくる。
前回はそんな話を取り上げましたが、ちょっと粗っぽい話ではあるので、あまり理想的な話とは言い難いものがあります。

もちろんそうした忙しさを経験することは無駄ではありませんが…
スキルアップの為にそうした作業を進んで引き受けると、限界を超えた作業をこなすことがどこか当たり前になってしまうという危険があります。

そうなると今まで考えていた「限界を超えた仕事量」が今後の「標準的な仕事量」になって、その標準に対してもう少し上乗せした仕事量を与えられることに。
もちろんこうして鍛えられることで仕事に関するスキルは高まっていく訳ですから、頑張ってなんとかこなせる量にプラスした仕事量を与えられるのは、ある程度仕方がないとは思います。

しかしそうした考え方にも物量的な限界がありますから、それを超えてしまった場合には、スキルアップをする為に有効とは言えない状況になってしまいます。
こうした話はどこかで働く方の考え方を無視する瞬間があるはずなので、全面的に賛同できないものがありますよね。

どうしても仕事量は多くなりがち

人が少なくて与えられる仕事量が多いという問題は、設計者であっても施工者であっても、多かれ少なかれ抱えている問題だと思います。
それに対して全力でぶつかって出来る限りの仕事をこなしていくのか、それとも自分がこなせる仕事だけしかやらない考え方を貫くのか。

この選択は仕事をしているそれぞれの方が決める事だと思いますが、周囲の環境との兼ね合いもあったりするので非常に難しい問題です。
自分がこなせる以上の仕事はやらない、という選択肢を選べるかどうか…今の建築業界を見ている限りはなかなか難しいと残念ながら感じてしまいます。

自分でどこまで仕事を受け持つのか、自分のキャパシティを超えた仕事量に対してどのようなスタンスで仕事をするのか。
というあたりの話は明確な正解がありませんので、それぞれ個人で仕事をしながら自分のスタンスをつくりあげていくしかない、というのが現実です。

私はどちらかと言うと限界に挑戦してしまいがちなのですが、挑戦すること自体にはそれほど大きな価値がある訳ではありません。
そこまで限界に挑戦しなくても良い状況をつくり、それぞれがある程度余裕を持って仕事を間違いなくこなしていく環境の方が効率は良いですから。

とは言え、もう少し現実的な話をすると、コストを意識した時にはどうしても人員不足状態に陥りがちで、個人のキャパシティを超えた仕事量を課されることも多いです。
それに対してどう反応するのがプロとして正解なのか、という話は、これを書いている私も残念ながら正解を持っていない問題ですので、本当に難しい話だと思います。

こうした建築業界の雰囲気を知っている私としては、このままでは若い人が少しずつ建築という面白い仕事から離れていってしまうのではないか、と心配になってしまいます。
私が建築業界の行く末を心配しても仕方がないのですが、もう少し何とか変わっていかないと、本当に人材が減ってしまうのではないかと。

当サイトでは、建築関連に興味を持っている方にとって有益と思われる解説をしていくよう心がけていますが、ひとりひとりに与えられる仕事量の問題については解決する術を持っていません。
当サイトに出来る事は、少なくともきちんとした知識を身につけることによって、出来る限り仕事をスムーズに進められるようお手伝いをすることだけ。

その後にくる仕事量の話については問題提起することしか出来ませんが、これを読んでいる方もぜひ一度真剣に考えてみることをお勧めします。

関連記事

  1. 仕口部分の鉄筋配置例
  2. 仕事での失敗が多くなる
  3. SRC柱と梁が取り合う部分
  4. 呼び径と最外径
  5. 知識に対する飢え
  6. 育成は非常に難しい…