• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

型枠が入りにくい部分の塞ぎ

SRC造の構造体から部分的にS造の構造体が出ている場合には、取り合ってくる部分に鉄骨側で型枠の受けを設けておく事も検討していく。
というような話を前回は取り上げて、図面で表現すると下図のような状況にならないようにする為に、鉄骨側で何らかの方策を考える必要があります。

SRC柱とS梁の取合い部に出来る隙間

こうした形状でSRC柱の型枠をつくっていった場合、鉄骨梁の上フランジと下フランジとの間にあるスペースには型枠が存在しないことに。
そのままの状態でコンクリートを打設してしまうと、型枠を組み立てていない部分にはコンクリートを止めるものがない為、そこからコンクリートが漏れてしまう状況になってしまいます。

もちろんこうして隙間が空いている状態というのは、図面ではなかなか気が付かない場合もありますが、実際に施工をしてみると一目瞭然という感じになります。
そうした状態を目の当たりにして、そこであえてコンクリートを打設するはずはありませんから、コンクリートが漏れてしまうという心配はあまり必要ありません。

そうした隙間が確認出来た場合には、何らかのかたちでその隙間を塞いでいく必要がありますが、H鋼の断面形状にあわせた複雑な形状の型枠を作るのはかなりの手間がかかります。
手間がかかると言うことはつまり、やってやれない事はないという意味ではありますけれど、あえてそんなに大変な作業をする事は避けた方が良いという考え方もあります。

こうしたちょっとした隙間を実際どのように施工していくかという判断は、コストと施工手間などを考えた上で施工者が決めていくものです。
ですから色々な選択肢がありますと言いたいところですが…

工場で鉄骨を製作することによって、現場での作業を出来るだけ減らして効率化を進める、という点が鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の大きな特徴です。
鉄骨を工場で製作することのメリットなどを考えていった時に、やはり工場で対応が出来るような方法を選択した方が効率が良い場合は多くなります。

H鋼の間にある少し複雑な形状をどのように塞ぐかという話について、現場で手間をかけて型枠の加工をしないのであれば、鉄骨側で何とか型枠代わりになるものを用意しておく必要があります。
具体的な方法としては、SRC柱のコンクリート面(=型枠面)の位置にあわせて、H鋼の間をふさぐプレートを工場で取り付けておく、という納まりになっていきます。

S梁側に塞ぎプレートを設置した例

こうすることによって、複雑な形状の塞ぎ型枠をつくる必要がなくなりますし、工場で事前に製作して取付けておくことが出来るようになる、というメリットがある訳です。

今回のようなコンクリートの為の塞ぎ納まりは、最終的には構造体として建物の天井裏などに配置されることになります。
最終的に見えてくるかどうか、という点で考えると、見えてこない訳ですから意匠的にはどちらでも特に問題になることはない納りだと言えます。

施工者としては、まず見えてくるものなのかという部分について考えて、見えてこないようであればく純粋に施工性とコストのバランスを見て、どちらにすべきかを判断していくことになります。
色々な要素を考えていった時には、鉄骨側に工場で型枠の面にあわせてふさぎプレートを入れておく、という納まりが正解ではないかと私は思っています。

こうしたふさぎ板の納まりというのは、何も今回のようにSRC柱とS梁との関係だけに適用される話ではなく、外壁を貫通するS梁などでも同じような話になってきます。
その場合にはコンクリートが流れてしまわないような目的ではなく、単純に水が建物の外側から内側に入ってこないようにする事が目的になってくる訳ですが…

外壁の止水ライン付近の納まりについては後日詳しく話をさせて頂く事にしましょう。
まずはSRC柱からS梁が出る場合の納りとして、塞ぎプレートを入れるか型枠を加工して対応するか、という選択肢があることを覚えてしまいましょう。

関連記事

  1. ガセットPLと主筋の関係
  2. 梁下端増打ちにより納めた例
  3. SRC梁の型枠
  4. 梁下端増打ちと天井の関係
  5. 物量の多さが問題のひとつ
  6. 鉄筋の曲げ