• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

コンクリートがあることのメリット

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物でも、小梁だけは鉄骨梁になっている場合もあって、その際の納まりがどうなるかについて前回は説明をしてみました。
鉄骨小梁は基本的にピン接合になりますから、SRC梁に対してどのような位置関係で小梁の端部になるにしても、ガセットプレートを出しておくという基本納まりに大きな違いはありません。

このあたりの納まりは色々な考え方がありますが、基本的な納まりと考え方を知っておけばあとはそれぞれの場面によってそれを少しずつ応用させていけば対応が可能です。
その為にはやはり基本的な納まりをきちんと押さえておく必要がありますが、基本がしっかりしているからこそ応用が出来る訳で…

このあたりの考え方というのは、どのような仕事でも同じではないかと思います。

建物でも同じ話が言えると思いますが、結局は高いレベルを目指す為には基礎がしっかりしていないと難しくなってしまう、という事は間違いありません。
基礎を地道に覚えるのは大変で面倒ではありますが、面倒だから全ての方がしっかりと覚える訳ではないので、時間をかけて丁寧に覚える価値はあるのはないかと思います。

さて、こうしたSRC造の基本的な鉄筋などの納まりについての話は、ちょっと長くなってしまいましたが、そろそろ終わりにします。
基本的な話は大体終わったはずなので、今回からは少し別の話と言うことで、鉄骨を鉄筋コンクリートで巻くことによるメリットについて考えてみることにします。

鉄骨鉄筋コンクリート造というからには当たり前の話ですが、鉄骨柱や鉄骨梁の外側には鉄筋コンクリートが配置されることになります。
こうして鉄骨と鉄筋コンクリートが絡んでくるからこそ、鉄骨に鉄筋用の孔をあけておいたり、型枠を固定する為のセパレータ用の孔をあけておく検討が必要になってくる訳です。

鉄骨に鉄筋コンクリートを巻くためには、そのあたりの検討がどうしても必要になってきて、その検討に手間が掛かるというのがSRC造の難しさの要因になってくるのですが…
鉄骨という構造体の外側に鉄筋コンクリートが存在する、というSRC造の特徴が納まり上のメリットになる場合も当然あるんです。

構造的なメリットは確かにSRC造では大きいのですが、納まり的なメリットもあるというのは、納まりを検討する側の方であればちょっと嬉しいですよね。
と言うことで、ここではSRC造の場合納まりでどのようなメリットがあるのか、という部分について考えてみる事にします。

まずは耐火の考え方から。
鉄骨造の欠点として以前紹介しましたが、鉄骨が熱に弱いという特徴を持っているため、構造体には必ず耐火処理を施す必要があります。

耐火被覆が不要

しかしSRC造の場合は外周にコンクリートが巻かれているので、鉄骨造で必要だった耐火処理はやらなくても大丈夫という事になります。
これはかなり微妙というか何というか「それだけ?」と思ってしまうメリットだとは思いますが、SRC造として柱や梁をコンクリートで巻いているからこそのメリットです。

次に鉄骨ピース関連でもうひとつ。
鉄骨造の建物を検討していく際には、鉄骨に現場で外壁とかアルミ建具などを取り付けたい場合、色々なピースをあらかじめ取り付けておく必要があります。

なぜピースが必要になるのかというと、構造体である鉄骨に現場で直接溶接するのは構造的にNGというう理由があるから。
現場では取り付けたピースに対して溶接固定していく状態になるように、事前に様々なピースを検討しておく必要があります。

しかし鉄骨鉄筋コンクリート造の場合には、構造体の外周がコンクリートになっている訳ですから、コンクリートに対して現場で固定していくこと可能になります。
そもそも鉄骨にピースを色々と取り付けたとしても、余程大きいピースにしない限りはコンクリートの中に埋まってしまいますが…

やはりコンクリートに対して色々なものを固定することが出来るというのは、納まりを検討していく中ではかなり有利ではないかと思います。

関連記事

  1. 梁ハンチで鉄筋を納めた例
  2. SRC梁の一例
  3. 鉄筋の納まり
  4. SRC柱フランジと梁主筋の干渉
  5. SRC梁の配置例(二段筋)
  6. SRC柱と梁が取り合う部分