• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

床の型枠とSRC梁の関係

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物では、構造体の中心に鉄骨が入っていて、その周囲に鉄筋コンクリートを配置していくことになります。
という表現は鉄骨を主体に考えた場合で、鉄筋コンクリートをメインで考えた際には、鉄筋コンクリート造の芯に鉄骨が入っているとも言えます。

関係性としてはどちらも同じ事を指していて、鉄筋コンクリート造と鉄骨が絡む部分で色々な検討が必要になってくる、という話がありました。
検討する項目は色々とありますが、今まで説明してきた部分については、もう本当に基本的な部分の検討という事になると思います。

細かい部分まで検討していくにはもう少し時間が必要ですし、それを全てひとりで検討していくのは非常に困難ではないかとも思います。
もちろん知識として持っておいた方が良いというのは間違いない訳ですけど、そこまで細かい説明をしていくよりも、当サイトでは次の話に進んでいく事を優先していきます。

もっと細かい部分まで掘り下げていくよりも、まずは一通りの納まりについて知っておく事の方が重要だと当サイトでは考えています。
これは何度も同じことを書いている気がしますが…

「狭いけど深く掘り下げた知識」も大きな武器にはなりますが、「ある程度の深さで広範囲の知識」を持っている方が良いと当サイトで考えます。
もちろんそうなるには結構な時間と膨大な労力が必要になりますが、それを注ぐだけの価値がそこにはあると信じている訳です。

と言うことで、SRC造についての説明はもう少しで終わりになるという話でした。
ここで急にSRC造の納りについての話戻りまして…
SRC造の床コンクリート納りがどのような考え方になっているか、というあたりの話を今回は取り上げてみることにします。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の床納りというのは、基本的には鉄筋コンクリート造(RC造)と同じ考え方で納りを検討していくことが出来ます。
コンクリートを打設する為に型枠を用いる、という考え方がSRC造もRC造も同じですから、床の納りとしても以下の様な共通項目が挙げられます。

・特に問題ない場合鋼製型枠が採用されることが多い

・型枠に載せることになるので梁の側面に10mm程度の増し打ちが必要

という事で、こうした基本的な考え方は既にRC造の納りで説明をした内容と同じで、中に鉄骨があるかどうかだけの違いしかない状態です。

SRC梁とスラブの関係

RC造と違ってくるのは、例えば床コンクリートのレベルが梁に対して下がっている状態で、スラブ筋の定着が鉄骨梁に干渉してしまう可能性がある、という部分。

SRC梁とスラブ段差の関係

ただ、たとえ上図のような関係になっていたとしても、スラブ筋を曲げていくことによってSRC梁に定着することが出来ますから、特に大きな問題にはなりません。
という事は、SRC造になったからと言って、それほど新しい話がある訳でもないので、あまり説明することがないという状態になってしまいました。

よくよく考えてみると、SRC造であってもRC造であっても、スラブに鉄骨を入れる訳ではないので、納りが同じパターンになるのは当たり前の事でした…
あえて難しい納りにする方向で説明する必要もないので、最後にSRC造の梁とスラブが取り合う一般的な納りを紹介して終わりにしたいと思います。

SRC梁型枠と鋼製型枠の関係

SRC梁と床型枠との関係は、上図のように割とシンプルになる場合が多いので、まずは基本的な部分をきちんと押さえておけば問題はないはず。
床に段差がある場合の納りなどは、基本的に鉄筋コンクリート造(RC造)の場合と同じですから、そのあたりの話はRC造についての解説でおさらいをしてみてください。

関連記事

  1. 仕事のストレスは少ない方が良い
  2. 知識に対する飢え
  3. 梁下端増打ちにより納めた例
  4. どうしても仕事量は多くなりがち
  5. 育成は非常に難しい…
  6. 呼び径と最外径