• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

壁の配筋を納める為に考える事

SRC柱やSRC梁に対して、RCの壁を通り芯あわせで配置すると、壁の配筋がSRC柱や梁のフランジと干渉してしまう、という話を前回は取り上げました。
SRC梁の主筋であれば干渉しそうなフランジを避けることが出来ますが、壁の場合はフランジの巾と壁厚が同じ程度の場合もあるので、避けるのは難しいものです。

そうした場合には、鉄筋を曲げて納めることが出来るように、梁の下端を増し打ちする事も選択肢のひとつとして考えられます。
ただ、もしそうした方向で検討を進める場合には、梁の下端を増し打ちすることによって天井と干渉して来ないように気を配る必要があります。

場合によっては下図のように、鉄筋は納まったけれど梁型が天井下に出てきてしまう、というような事になってしまいますから。

梁下端増打ちと天井の関係

しかしそうは言っても、SRC柱やSRC梁に対してRC壁の鉄筋が納まっていないままの状態では、結局後でどう納めるかを改めて考えることになるだけの話です。
結局問題点が解決する訳でもないので、その状態で「天井レベルよりも梁が下がってしまうので見た目が良くない」と言っても全然説得力がないですよね。

批判するのであればその解決方法を提示すべきで、それを提示していない時点でその意見はあまり深く考えられてないと思われてしまいます。
今回の例で言えば解決方法はそれ程たくさんの選択肢がある訳ではなくて、以下のどちらかから選択するしかないと思います。

・鉄筋納めを優先して意匠的に梁型を出す事を認める

・意匠的に梁型を出さない事が優先であれば、RC壁の位置を移動する

どちらもベストとは言い難い選択肢ではありますが、建物の見た目について構造が成り立っていない状況で議論しても意味がないです。
まずは構造設計者の要求を満たした上で、見た目をどのように調整していくのかを検討するのが順番としては正しいんです。

構造の条件を満たす為にどうするか、という事で言えば、上記ふたつの選択肢があって、その中から意匠的に良いと思われる方を選択していく事になります。

どう言った方針がベストなのかはケースバイケースになる訳ですが、どのような結果になったとしても、事前にきちんと検討しておけば大きな問題にはならないはずです。
結論を出すには、室内プランとの関係を明確にした上で幾つかの選択肢をきちんと出してみて、意匠と構造をトータルで見てより良い選択肢を選ぶ、と言う流れが理想になると思います。

意匠と構造をトータルで考えた選択肢をきちんと出していく、と書くのは簡単なのですが、それを実際にやるのは結構な手間がかかります。
しかし手間をかけて納まりを決めていくことで、建物は少しずつより良い状態に進んで行くことになる、というのは間違いなく事実です。

設計者の立場であっても施工者の立場であっても、やはり手間をかけて建物の細かい部分まで検討を進めていく事が、良い建物を作る為のポイントになってきます。
もちろん建物の細かい部分まで検討をしていくのは大変ですし、やはり手間と手間がどうしてもかかるものですが…

手間をかけて検討していく程に建物は美しく納まるようになりますから、粘り強く細かい部分までじっくりと検討していくしかありません。
今回は少し話を変えて、SRC造を建物全体に適用しない場合もある、というあたりについて考えてみる事にします。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物を設計した場合でも、全ての部分を同じSRC造にしなければならない、という縛りは特にありません。
敷地の条件やどのような建物を設計しているかなど、全体の事を考えてそれぞれの場所に適した構造を考えていくのも設計者の役目になります。

そうした設計的な検討を進めていき、SRC造は一定のフロアだけで終わりになるとか、決められた範囲だけをSRC造にするなどの結果になる可能性は結構高めです。
そうした設計をしていく中で、同じ建物であっても、その中にSRC造やS造やRC造などいくつかの異なる構造が混ざってくる可能性もも大いに考えられる訳です。

関連記事

  1. S梁側からSRC柱を見た断面図
  2. 仕事のストレスは少ない方が良い
  3. 柱鉄骨に孔あけが必要な場合
  4. 階高を抑えて梁スリーブとした例
  5. 考えるには集中力が必要
  6. 納まりの検討