• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨造でのスリーブの考え方

鉄骨造(S造)の建物では、柱や梁を鉄骨で構成していくことになり、それぞれの接合がどのようなものになるのか、というあたりを検討していく事になります。
これがまずは構造体として鉄骨が守るべき項目という事になりますから、建物にとっては最重要項目だと言えると思います。

そうして構造体としての鉄骨を構成した後は、その鉄骨に建具などの仕上材を取り付けることを検討していく事になります。
建具などの仕上材を鉄骨に対して現場で溶接をすることが出来るように、という目的で鉄骨ピースの形状などを決めていくという流れですね。

こうした鉄骨造の基本的な流れについて今まで色々と取り上げてきました。

鉄骨の納まりについての話は、色々と考えていくとキリがないというか検討項目が多いというか、本当に奥が深いものです。
実際には建物によって条件は様々で、ひとつのパターンを覚えたからと言ってそれで鉄骨を覚えたと言い切れない、というあたりがやはり鉄骨の難しいところだと言えるでしょう。

まずは基本的な鉄骨の概要をしっかりと押さえておき、その後は色々な納まりのパターンを覚えておくことが重要になってきます。
そこまで覚えたらあとは実務で色々な納まりパターンをこなしていく事が、鉄骨の納まりを覚えるには最も効率的だと言えるでしょう。

いくら机上で色々な納まりパターンを覚えたとしても、それが実際に自分の経験として身についているかというと、なかなか難しいところがあります。
だから実際の仕事をこなしながら覚えていくことをお勧めする訳ですけど、だからと言って机上の勉強が無意味という訳ではないので、並行して進めていくしかありません。

…と、少し話がそれてしまいました。
鉄骨造(S造)の基本的な構成というのは、鉄筋コンクリート造(RC造)の場合と同じで、天井裏のスペースに鉄骨梁を隠すような納まりになっていきます。

耐火被覆が必要になるから当然と言えば当然なのですが、やはり構造体である鉄骨をそのまま見せてしまうのは意匠的になかなか難しいものがあります。
天井のレベルと鉄骨梁下端との関係を見ながら、鉄骨梁が天井よりも下に出てしまわないように調整していく、というあたりもRC造と同じです。

天井と鉄骨梁の関係

上図のような納まりになっていき、意匠的には出来るだけ天井の高さは高く設定したくて、コストを考えると出来るだけ階高は低く設定したい。
こうしたやや矛盾した考え方をベースにして設計を進めていくと、やはりどうしても天井裏のスペースが少なくなる方向に進んでいくことになってしまいます。

そうした状況で発生するのが、鉄筋コンクリート造(RC造)の時にも出てきましたが、梁の側面に穴をあけて設備要素を通す「スリーブ」という考え方です。
スリーブの計画をしておかないと、鉄骨を建てた後で天井裏の設備関連がどうにも納まらなくなってしまうので、事前にきちんとした計画が必要になってきます。

このあたりの話まで、スリーブの考え方はS造でもRC造でも同じだという事が言えます。
設備的な視点で考えると、構造が鉄筋コンクリートであっても鉄骨であっても、天井裏で配管やダクトの邪魔をする事に違いはないですからね。

ただ、建築的な観点で考えると、鉄筋コンクリート造の梁に入れるスリーブと、鉄骨に入れるスリーブとではかなり納まりが変わってきます。
ここでは鉄骨造について説明しているので、鉄骨梁にスリーブが入る場合はどのような納まりになるのか、というあたりを次回は考えてみたいと思います。

関連記事

  1. 溶融亜鉛メッキ
  2. 鉄骨に絡まない位置でスラブ段差を決める
  3. 鉄骨造の一般床納まり
  4. 耐火塗装の例
  5. ガセットプレート