• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨造の具体的なスリーブ形状

鉄骨造であっても鉄筋コンクリート造であっても、梁は基本的に天井裏に隠れることになってきて、設備配管やダクトの邪魔になることも同じです。
だから設備の納まり検討にもよりますが、梁にスリーブを入れて納めるという考え方も同じになる場合が多く、鉄骨梁にもスリーブが必要になる。

そんな話を前回は取り上げてきました。

建物は構造体と意匠的な要素だけではなく、当然設備的な要素も合わせて検討していかないと、建物として機能しなくなってしまうので、こうした検討は非常に重要なものなんです。
という事で、今回は鉄骨造の梁にスリーブを入れる際の基本的な納まりがどのようなものなのか、というあたりについて考えてみる事にしましょう。

まずはスリーブの基本的な形状から。
鉄骨造(S造)の建物で鉄骨梁に配置するスリーブは、基本的には円形の開口ということになり、鉄骨梁を横から見た際にはこのような見え方になります。

鉄骨梁スリーブ立面図

もちろん鉄骨梁は構造体であり、構造体に穴を開ける訳ですから、その穴の位置はどこでもOKという訳にはいきません。
構造図に示されたスリーブの要領を厳守して、構造図に記されている補強を入れて、ようやく鉄骨梁に穴を開けることが出来るようになります。

鉄筋コンクリート造(RC造)の場合は開口の周囲を鉄筋で補強しましたが、鉄骨造(S造)の場合には、鉄筋がないので別の補強方法を考えるしかありません。
具体的にはどうするかと言うと、鉄骨のウェブに円形の開口を開けた周囲に、鋼板で補強をしていくというやり方をしていきます。

鉄骨スリーブのイメージ

スリーブの補強イメージとしては上図のような感じで、断面図で納まりを表現すると、だいたいこのような図面になっていくはずです。

鉄骨梁スリーブ断面図

スリーブを入れることが出来る範囲はある程度制限されていて、なおかつ短い間隔で連続してスリーブを入れることも制限されています。
構造体である鉄骨に穴を開ける訳ですから、何の制限もなく開けたい位置に開ける事が構造的にNGというのは当然のことだと言えるでしょう。

構造的な条件を考慮しながらスリーブの配置を検討していく事になりますが、鉄骨を製作する前の段階でこうした検討を完了しておく必要があります。
スリーブは当然工場で施工してくることになりますから、鉄骨製作のタイミングに合わせてスリーブの位置を決定するのは当たり前と言えば当たり前です。

そのスピード感で検討を進めないと、工場で鉄骨を加工する際にスリーブの対応が出来なくなってしまい、間に合わなくなってしまうので仕方がありません。
これが意味するところはつまり、鉄骨を製作するという施工の序盤で、天井内の設備関連納まりをある程度固めておく必要があるという事。

これは実際にやってみるとよく分かりますが、そんなに早い段階で設備関連の天井内納まりを決めておくのは無理じゃないの? と思ってしまうくらいに難しいものです。
鉄骨造は事前に検討が大変という特徴がありますが、これはどの要素にも言えることで、何事も早めに決めていかないとダメというのはやはり大変です。

事前検討が完全でない場合にはどうすれば良いのかというと…
他の鉄骨まわりの検討と似たような話になってしまいますが、ある程度大雑把に設備の検討を進めていき、その配置を元にしてスリーブの計画をしていくしかありません。

完全には検討できていないけれどゼロではない、という感じの検討はちょっと中途半端な感じになってしまいますが、検討と決定とのバランスを取ることが重要です。
こうした事前の大まかな計画が崩れてしまう可能性はありますが…

何もスリーブの計画していない状態と比較をしてみれば、ある程度の想定を元にした計画をしておく方が有利だということが分かります。
本当は「その方が有利」とかいうレベルではなくて、そうやって進めておかないと後で話にならないので「そうやるしかない」と言うのが正解です。

関連記事

  1. 小梁の剛接合
  2. 手順
  3. ガセットプレート
  4. ダイアフラムの納まり
  5. アンカーボルト
  6. 耐火被覆の例