• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

鉄骨柱のジョイント(接合部)納り

ちょっと順番が違ってしまったかも知れませんが、今回は鉄骨柱のジョイント(接合部)の具体的な納りがどうなっているかを取り上げてみたいと思います。
ただ、こうした鉄骨造の細かい納りについての話を、解説の序盤あたりで取り上げるべきかちょっと考えてしまいます。

なかなか説明が最後までたどり着かない感じになっているので、まずはさらっとした説明をして次の話題に進みたくなるのですが…
鉄骨造について話をする際に、ジョイントの納りを紹介しないのはやはりおかしいので、ちょっと面倒な話になるかも知れませんが取り上げることにしました。

以前も少し取り上げましたが、鉄骨の柱は2フロア分を一本の柱として工場製作をして、その柱を現場に搬入する事が一般的になっています。
もちろん階高や建物の条件などによってこれは変わってくるもので、2フロアを一本にする事が絶対という訳ではありませんが、色々な条件を考えるとこのパターンが最も多くなります。

これは、工場で製作した鉄骨を現場へ運搬可能な大きさに分割して、なおかつ可能な限り工場で一体として製作したい、という考え方があるからです。
施工者の立場から考えると、出来るだけ柱と柱のジョイントを少なくして、鉄骨を建てる手間とジョイント部分の施工手間を減らしたいという思惑があるので、そうした方針になっていきます。

このような鉄骨ジョイントの考え方を図面にしてみるとこんな感じです。

鉄骨のジョイント

鉄骨柱と鉄骨梁をこのように分割して工場で製作し、それらの鉄骨を現場に搬入して組み立てるという工事の流れになります。
このような場合の鉄骨柱のジョイントがどのようになっているかというと、当たり前の話ですが鉄骨柱の形状によって納まりは大きく違ってくることになります。

まずは一般的な鉄骨造で多く採用されるコラム柱の場合ですが、この場合は現場で溶接することによって柱を接合することが一般的です。
ジョイントの場所としては、溶接で接合する作業がやりやすいという理由から、FL+1000程度のレベルでジョイントを設けることが多いかも知れません。

コラム柱ではなくH鋼の場合は、もちろん溶接で接合する場合もありますが、鉄板ではさみ込んでボルトで固定していくという接合方法もかなり多いです。
こうした納まりは鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)に多いので、この場合の詳しい納まりはSRC造について説明する際に取り上げることにして、今回はコラム柱のジョイントをメインにします。

溶接によって柱を接合する場合の納まりですが、具体的な寸法も押さえた拡大図ではこのような状態になります。

鉄骨柱のジョイント拡大図

鉄骨の溶接に関しての納まりは上図のように割とシンプルになるので、拡大図で表現するとちょっと拍子抜けしてしまうかも知れません。
こうした形状で溶接を柱全周にまわしていくことによって、鉄骨柱と鉄骨柱は構造的に一体として見なされる事になります。

溶接で接合する場合の問題点としては、ジョイント部分が溶接によって少し盛り上がってくることになる為、意匠的には今ひとつの見え方になってしまうという事。
これはもう溶接という納まりである以上仕方がない事なのですが、例えば鉄骨を露出で見せたいというような場合には、この溶接が見えてしまう状態が大きなマイナスになってしまいます。

鉄骨柱の溶接処理

この状態を「鉄骨柱のジョイントはこういうものだから」と割り切れるか、それとも「こんな見え方になるなら仕上材で隠した方が良いか」となるかは意匠設計者の判断です。
正直なところお世辞にも綺麗とは言えない状態で、私としてはどうしても電車のホームにある柱を思い出してしまうので、仕上材で隠した方が良いような気がしています。

ただ、鉄骨柱を他の仕上材で隠そうとすると、下地の寸法などから柱形がかなり大きくなってしまうというデメリットがあります。
やはり鉄骨柱だけで見せると細い柱型として見せることが出来ますので、ジョイント部分の見え方だけで判断する訳にはいかない、というのが現実です。

関連記事

  1. 機械で作るメリット
  2. 鉄骨ピースの一例
  3. ダイアフラムの50段差
  4. 耐火被覆の例
  5. 鉄骨
  6. ダイアフラムの納まり