• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

鉄骨とは何かを考える

今回取り上げる鉄骨造(S造)というのは、読んだままの意味なので特に説明不要かも知れませんが、建物の骨組みが鉄骨で構成されています。
RC造の場合は Reinforced(補強された)Concrete(コンクリート) という言葉の頭文字をとった言葉でしたが、鉄骨造の場合はどうかというと…

teel : 鋼鉄・鋼

という単語の頭文字をとった言葉になります。
これは非常に分かりやすい意味を持っていますから、上記の説明を見れば「まあ鉄ですよね、やっぱり…」と言うしかないのではないかと思います。
鋼鉄で出来ている建物の骨組みだから「鉄骨造」というシンプルな話ですね。

ただし。
ひとくくりに「鋼鉄で出来ている建物の骨組みだから鉄骨造です」と言う説明だと非常に分かりやすいのですが、実際にはそれほど単純な話にはなりません。

鉄骨には色々な分類があるので選択肢としては非常に多く、それぞれの建物の特徴にあわせて多くの選択肢からどの鉄骨を採用するかを選定していくことになります。
なので、まずはそうした鉄骨の分類がどのような感じになっていて選択肢として存在しているのか、というあたりの話を取り上げてみたいと思います。

鉄骨

鉄骨の分類としては、大きな項目として以下のようなものがあります。

・材質

・形状

どのような材質と言っても鉄ではないの? という疑問が聞こえてきそうですが、鉄にも色々あるということで、ここではそれぞれの項目について簡単に説明をしてみます。

○材質

鉄骨造を構成する鉄骨の材質は当然鋼鉄ということになりますが、ひとくくりに「鉄」と言っても、実際には含有する成分によって様々な特徴が出ます。
それぞれの鋼材が持っている特徴によって、どのような部分に採用されるかが違ってくることになり、構造設計者はそのあたりを検討して構造設計していくことになります。

同じ鋼鉄とは言っても色々な仕様がある、というあたりがちょっとピンと来ない、と思ってしまう方もいるかも知れないので、ここで少しだけ補足を。
鉄と銅とアルミニウムは同じ金属というくくりですが、どのような成分で構成されているかが違うので、重さや硬さや色などが全然違ってきます。

これは何となく納得出来ますよね。
銅は10円玉、アルミニウムは1円玉に採用されている金属ですから、よく見かけたり手にしたりする中でその違いはよく分かると思います。

こうした違いが、同じ鉄であっても存在するということです。
鋼材の詳しい区分については別の項目で改めて詳しく説明していくことにしますが、ここでは同じ鉄骨であっても様々な仕様がある、ということだけを覚えておいて頂ければと思います。

○形状

鉄骨には幾つかの形状パターンがあって、その中からどのような形状を選定するかを構造設計者が決めていくことになります。
建物の構造体として鉄骨がどの部分に使用されるか、柱なのか梁なのかなどによって、適した鉄骨の形状は違ってくるんです。

建物の部位によって適切な鉄骨の形状が違うということは、つまり構造体としての鉄骨にどのような荷重がかかるかによって違う、という事です。
そうした状況の中で適切な選定が出来るように、鉄骨の形状には様々なパターンが用意されていて、強度や施工性やコストなどを考えながら設計していく訳です。

鉄骨にどのような形状のパターンがあるのか、というあたりの話は別の項目で詳しく取り上げていきますので、まずは色々な形状があるという事をここでは覚えておきましょう。

という事で…

建物の構造が鉄骨造(S造)です、という場合でも、それぞれの場所によって採用される鉄骨の仕様は色々あるという事がここでは分かります。
そうした部分について深く考えるのは構造設計者の役目になりますが、実際に鉄骨を施工する側も当然それを知っておいた方が良いはず。

鉄骨造ではこういった感じの細かい話が色々あって難しいのですが、建物を建てる仕事に関わる場合は避けて通ることは出来ません。
最初は何となくでも構わないので、全体的な概要とその中の細かい話については、一通り読んでみることをお勧めします。

関連記事

  1. 溶接
  2. 溶接作業
  3. パイプサポートの例
  4. 鉄骨梁ジョイント
  5. ダイアフラム納まり詳細図