• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄筋コンクリート造のデメリット-2

前回は鉄筋コンクリート造の建物にはどのようなデメリットがあるのか、というあたりについて以下のような項目を挙げてみました。

□施工スピードは早くない

□複雑な形状にすると綺麗に出来ない

結局メリットで挙げた部分は角度を変えてみるとデメリットにもなる、という話になっていますが、今回は上記を踏まえてその続きを説明していく事にします。

□打継ぎが発生する

コンクリートは現場で打設するものですから、もちろん一日に打設可能なコンクリートのボリュームには制限があります。
まずは生コン車で運んでくる生コンの量的な限界がありますし、それ以外にも、コンクリートを打設する時間的な制限もあり、限界を見極めながら計画を立てるのが施工者の業務です。

一日に打設できるコンクリート量は現場の立地条件によってある程度決まってきますが、建物のコンクリート全てを一日で打設することはどんな建物であっても不可能です。
全部を一度に打設するのが難しいので、以前打設したコンクリートの隣に今日打設するコンクリートがある、というような状況になってくるのが一般的でしょう。

そうなると、既に硬化したコンクリートの隣に新しくコンクリートを打設するという作業がどうしても発生してくることになりますが、こうした継ぎ目を、「打継ぎ(うちつぎ)」と呼びます。
打継ぎの何が問題なのかというと、異なるタイミングで打設されたコンクリートは、その境目でどうしても縁が切れてしまうという部分です。

これは仕方がない話ではありますが、既に打設が完了して硬化しているコンクリートの隣に、新しくコンクリートを打設する訳です。
そこにはどうしても少しの隙間が発生してしまう事はやむを得ないことだと言えるでしょう。
こうした隙間が外周にあった場合、細かい隙間から水が入ってくるなどの問題が出てくることになり、漏水の可能性が高くなってしまいます。

そうならない為に、打継ぎ部分にあらかじめ目地を入れておき、そこに後からシールをするなどの方策を検討する場合もあります。

打継ぎ部分の断面図

これは鉄筋コンクリート造のデメリットというか、コンクリートを扱う上でどうしても出てくる話ではありますが、漏水の可能性もあるのでデメリットとして挙げておく事にしました。

□一発勝負の要素がある

今まで何度も話が出てきたかとは思いますが、鉄筋コンクリート造の建物では、型枠にコンクリートを流し込むことで建物の構造体をつくっていく事になります。
打設時に流動的な状態であるコンクリートも、時間の経過とともに硬化して強度が出てくる、という流れになるので、流動的な状態で型枠に流し込むことが出来る訳です。

しかしそのコンクリートがひとたび硬化してしまったら、後でその形状を変えたりするのは非常に大変な作業になってしまうんです。
こうした「後から形状を変えるのが大変」という部分は、言い方を変えると「最初は流動的な状態だから型枠に入れやすく、硬化すると構造体として成り立つ」ということになります。

こうして表現を変えるとコンクリートが持っているメリットとして紹介出来そうですが、表現によっては後から苦労する可能性が出てきてデメリットにもなる…
なかなか難しいところですよね。

基本的にコンクリートは構造体を確保しつつ最終仕上から出っ張らない位置にある必要があるのですが、後々検討したみたらそうなってなかった! というような状況も結構あります。
そうなった場合にどうするのかというと、構造体ではない部分に限っての話ですが、コンクリートを壊して望む形状に修正することになってしまいます。

コンクリートを壊すことを現場では「斫り(はつり)」と呼び、手戻り作業の代表的な存在ですから、あまり歓迎されない業務だと言えるでしょう。
もちろん計画的な斫り作業もあるのですが、割合としてはやはり間違えた部分を壊すみたいなニュアンスが大きいのではないかと思います。

わざわざ余分にコンクリートを打設してしまい、それを壊すのにまた手間がかかり、さらに壊したコンクリートの破片をきちんと捨てないとならない。
というようなデメリットの三重苦が発生する可能性は結構あるので、出来るだけこうした状況にならないように、事前の検討が重要になってくる訳です。

鉄筋コンクリート造(RC造)のデメリットについての話はこのあたりで終わりにします。
今回紹介したメリットもデメリットも、鉄骨造(S造)の建物を経験してみないとピンと来ない、という可能性があります。

ここに書かれている内容を知識として持っておき、実際に他の構造など色々な条件の建物を経験していく中で、その知識が自分の経験に変わっていく。
と言った流れで経験を積んでいくことが出来るのがベストだと思います。

関連記事

  1. コンクリートの爆裂
  2. 目地を作る手順
  3. ラーメン構造と壁構造
  4. 布基礎
  5. 柱と梁の面を変えて納める
  6. 曲面型枠の例