• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄筋コンクリート造のメリット-2

前回は鉄筋コンクリート造の建物にはどのようなメリットがあるのか、というあたりについて以下のような項目を挙げてみました。

□現場で型枠を施工するため、ある程度時間的な猶予がある

□型枠は木で加工するため、形状の自由度が高い

現場で加工することが出来る材料である事によって、ある程度の時間的な猶予と形状の自由度がある訳ですが…
今回は上記を踏まえてその続きを説明していく事にします。

□外壁として止水ラインが完結する

ラーメン構造の場合は壁が構造的に必須という訳ではない、という話を以前構造スリットの説明をした際に取り上げました。
その際に同じような話をしましたが、構造体として必須ではない状況なのにコンクリートの壁が存在するのは、雨水を建物内に入れないようにという「止水ライン」の構築をする目的があります。

建物の基本的な性能として求められるもののひとつとして「雨の日でも快適に室内で過ごす事が出来る」という性能があります。
これは建物を利用する側にとっては、もう特に気に留めないくらい当たり前の性能になっていると思いますが、その当たり前の性能を確保する為には色々な苦労があったりするんです。

コンクリート壁という部材は非常に優秀な性能を発揮するので、雨水を建物の中に入れないようにという検討をしていく中では重要な役割を果たすことになります。
屋上などの外部床にはアスファルト防水という仕様の防水層を施工して、屋上の下にある居室などに水が漏れないように処理をします。

その場合は床だけではなく壁の足元にもアスファルト防水を立ち上げていくことになるのですが、そこにはやはりコンクリートが必要になってくるんです。

防水立上りの納まり

こうした納りは各所で発生してきて、コンクリート壁が防水を立ち上げる為に必要になってくる、というシーンは結構多いはずです。
外壁として比較的容易でしかもしっかりとした止水ラインを構築出来るというのは、やはり鉄筋コンクリート造の壁ならではの事だと言えるでしょう。

□色々なものを取付ける際にコンクリートだと容易

建物は構造体だけで成り立っている訳ではなく、例えば照明とか手摺とか看板などの様々な要素を組み合わせて施設として運用していくことになります。
様々な要素というと漠然としてしまいますが、建物を円滑に利用する為には本当に色々な要素が絡んでくるので、それぞれを綺麗に納める為の検討が必要になってきます。

また、法的に必要な手摺などの要素もあるので、法的に必要な要素と、建物の施設として必要になる要素と、それぞれを満たしておくことが求められます。
こうした検討を進めていくと、「これはどこに取り付ければ良いの?」という、些細ですが考えていくと結構重大な問題が出てきたりもします。

そうした時に、何かを取り付ける相手がコンクリートであれば、強度的にも取付け方法的にも問題ない事になる、というメリットがあります。
下地について考えるのは施工者の役割になりますが、コンクリートが下地であれば、もう相手としては申し分ないという感じになるんです。

S造で壁が押出成形セメント板になっているというような場合に、壁に取付けが出来ないなどで苦労をすることになって、コンクリートだったら良かったのに…みたいな感じになります。
これは結構地味なメリットに聞こえるかも知れませんが、実際に施工をする段階になって検討をしたりすると「そういう事か」と思うはず。

…という事で、鉄筋コンクリート造にはどのようなメリットがあるのか、というあたりの話はこのあたりで終わりにします。
構造設計からの視点が足りていない気がしていますが、説明する余裕が出来たら改めて取り上げてみたいと思っています。

関連記事

  1. 異形棒鋼
  2. ユニットバス
  3. 崩れる
  4. 天井裏
  5. 丸鋼
  6. 構造の検討