• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

鉄筋コンクリート造のデメリット-1

鉄筋コンクリート造(RC造)の建物を設計・施工していく中でのメリットにはどのようなものがあるのか、というあたりの話を前回は取り上げました。
RC造は長きにわたって選択されている工法ですから、やはりそれを選択する事によって得られるメリットは大きいということが分かってくると思います。

しかし何事にも言える話ですが、世の中には完璧なものというのはなかなか存在しないんです。
それが持つ特徴によってメリットが発生するのであれば、コインの表と裏のように、その特徴によってデメリットも同じように発生するというのが自然です。
世の中上手く出来ていますよね。

…と、少し変な話になってしまいましたが、鉄筋コンクリート造で建物を設計・施工した場合に、どのような困ったことがあるのか。
今回はそのあたりについて色々と考えてみる事にします。

□施工スピードは早くない

現場で型枠を組み立てていくと言う事で、事前に検討しておかなければならないというような事が比較的少なく、時間的な猶予がある。
という点をRC造のメリットとして紹介しましたが、現場でやることが多いという事で、そのメリットがそのまま、施工のスピードがそれほど上がらないというデメリットに繋がります。

施工スピード

例えばコンクリートの壁であれば、以下の様な流れで工事は進められていくことになります。

・片側の型枠を組み立てる

 ↓

・鉄筋を施工

 ↓

・反対側の型枠を施工する(型枠を返す)

 ↓

・コンクリートを打設

 ↓

・コンクリート強度が出た後で型枠解体

それぞれの項目で現場での作業が発生しますので、型枠解体までに結構な時間がかかってしまう、という当たり前の話がデメリットとして挙げられます。
現場で作業をする訳ですから、雨が降ったりするなど天候によって工程が左右されてしまうという状況もあって、予定していたよりも時間がかかってしまう場合も。

天候に関しては鉄筋コンクリート造だけの話ではないので、これをデメリットとして挙げることは出来ませんが…
工場で製作してきたものをそのまま取り付けていくだけ、という考え方に比べると、現場での作業が多くなる鉄筋コンクリート造の建物はどうしても時間がかかってしまうんです。

□複雑な形状にすると綺麗に出来ない

木で型枠をつくるので形状はある程度自由、という部分が鉄筋コンクリート造のメリットとして挙げられる、という話を以前紹介しました。
ただし自由度を過信して尖った形状などにしてしまうと、コンクリートが狭い部分に入っていかなくて後からとても苦労することになります。

コンクリートがきちんと端部まで入っているかというのは、型枠を解体してみて「おっと…」という感じで判明するパターンが結構多いです。
コンクリートが端部まで打設出来ていないということは、鉄筋が見えてしまっている可能性も結構高いということで、そうなった場合の影響はかなり大きめ。

複雑な形状のコンクリートではこうしたリスクを負うことになるんです。

ただ、こうした複雑な形状のコンクリートによる苦労や不具合の可能性については、施工者がよく分かっていても設計者が分かっていない場合があります。
最終的な施工の方針はやはり設計者が決定するものですから、施工者としては難しくて不具合の可能性が高いことを承知で施工する、という辛いシチュエーションになってしまう事も。

頑張って施工して上手く出来ればそうした形状は施工可能なので、絶対に不可能ではない、というあたりが非常に悩ましいところでもあります。
とは言っても現実を考えるとあまりリスクを負わない方が良いので、そのあたりで悩むことになるかも知れませんが…

鉄筋コンクリート造のデメリットについては次回にもう少しだけ続きます。

関連記事

  1. 崩れる
  2. 生コン打設
  3. 壁配筋
  4. 異形棒鋼
  5. 防水立上りの納まり
  6. 鉄筋の納まり