• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

基礎の大まかな分類

建物の重量を支えることになる基礎は、基本的に鉄筋コンクリートで造られることになる、という話を前回は紹介しました。
基礎の上に配置される事になる柱の構造は、そのまま鉄筋コンクリートの場合もありますし、鉄骨になったり木だったりと色々あります。

しかし土に接する部分については基本的に鉄筋コンクリートで構成される事になる、という部分はどの建物でも変わることはありません。
今回はそんな基礎についてもう少し考えてみる事にして、基礎の形状にはどのようなパターンがあるのかを紹介していきます。

建物の基礎にはその形状によっていくつかのパターンがあって、大きく分類すると以下のような種類が考えられます。

□独立基礎

独立基礎というのは読んだままですが、それぞれの柱ごとに独立して基礎を設ける考え方になっていて、イメージとしてはこんな断面になります。

独立基礎

基礎自体は支持層に届いていなくて、そこに杭などを配置して支持層まで建物の荷重を伝達させるという考え方になる場合が多いです。

□マットスラブ

建物の平面全体を大きな基礎と考えて、分厚いスラブのような感じで全体を基礎とするのがマットスラブの考え方になります。

マットスラブ

断面は上図のようなイメージになっていて、杭を併用する場合もありますが、支持層に直接マットスラブを乗せる場合も結構多いです。

□布基礎

この基礎は木造の建物に多く、一定の断面形状を連続させて建物の荷重を地面へと伝達させるという考え方をします。

布基礎

一戸建て住宅の外壁はコンクリートが少し見えている場合が多いですが、これは布基礎が通しで見えてくるからなんです。
これらの基礎形状というのは、建物の条件によってどれがベストなのかが変わってくるので、色々な条件を考えながら検討が進められます。
まずは建物の荷重がどの程度なのかという話があって、それに加えて建物が建つ敷地の条件がどのようになっているのかが重要になってきます。

建物の大きな荷重を受け止める為には、建物の荷重を地中にある硬い地盤(支持層)に伝達させる必要があるのですが…
地中の硬い地盤がどのレベルにあるのかは敷地によって違うので、それによってどのような基礎を採用するかが変わってきます。

例えば支持層が深いレベルにある埋め立て地などでは杭が必須になりますし、支持層が浅ければわざわざ杭を施工する必要がなくなります。
それによって基礎の適切な形状が変わってくる事になるので、その条件を考えないと建物の基礎方針を決めるのは難しいです。

このあたりの判断は様々な条件が絡むので、ここでどの基礎形状が良いかなどの議論をすることは出来ませんが…
建物の地面に接する部分には水分があるため、鉄筋コンクリートが採用されることになり、その形状は地中の地盤レベルによって変わってくる、という事になります。

地面に接する部分だけは必ず鉄筋コンクリート造で構成されていて、地上階からは鉄骨造になったり鉄骨鉄筋コンクリート造になったり、という建物はたくさんあります。
もちろんそのまま地上階も鉄筋コンクリート造になる場合も多いですし、一戸建ての住宅などであれば木造に変わる場合がほとんどでしょう。

地上階の構造が鉄骨や木や鉄筋コンクリートなどの中からどのような選択肢をとるかによって、基礎との関係性と納まりは少しずつ違ってくることになります。
そのあたりの納まりパターンは今後詳しく説明していくことにします。

ここではまず、基礎と杭の基本的な考え方、そして支持層との関係などについてしっかりと押さえておくことにしましょう。
上階の構造が何かによって基礎の納まりは少しずつ変わりますが、まずは基礎の基本的なパターンを覚えてしまえば、あとはそこから何を選択するかという話になってきます。

関連記事

  1. 垂直スリット詳細図
  2. 型枠とセパレータの関係
  3. ラーメン構造と壁構造
  4. トラブル
  5. コンクリート打放し仕上
  6. 型枠の詳細