• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

手描きは今でも必要なスキル

図面を作図するツールとしてCADの良いところを色々取り上げて、手描きというやり方と比較をしてきた訳ですが…
やはり全体的に手描きからCADへと移行するだけあって、調べていくとCADには良いところが結構たくさんあるという事が分かります。

ただ、手描きからCADに移行した時点で、図面を作図する為のスキルとして、手描きのスキルはもう不要になってしまったのかというと、決してそんなことはありません。
まだまだ手描きのスキルが生きるシーン色々とある、というあたりについて今回は考えてみたいと思います。

CADで図面を作図する事が主流になっているからと言って、手描きを活用する機会が全くなくなってしまったという事ではありません。
少なくとも私の周りでは、メインの図面はCADで作図をして、打合せをする際などでは手描きを使っていくというやり方をしています。

CADは確かに便利なツールではありますが、設定などを考えるとすぐに作図して印刷をする事って結構難しかったりするんです。
それを考えると、さっと手で図面を描いてしまったり、あるいはアイソメ的なスケッチを描いてしまう方がCADよりも効果的だし早い。

そう言ったシーンは仕事の中で結構たくさんあって、特に打合せなどで相手に建物の状況を説明する際には手描きが大きな力を発揮します。
紙とペンだけがあれば、その場で相手に意図をすぐ伝えることが出来る、というのはCADではなかなか実現出来ない手描きの強力なメリットでしょう。

手描きスケッチ

例えば上図のような簡単なスケッチでも壁と天井の関係は説明することが出来ますが、これをCADできちんと作図するのは意外に面倒です。
これくらいの情報であれば多少角度が正確ではなくても良いし、関係性を伝えることが目的になっているので、寸法関係も多少は変でも全然問題ありません。

私自身も図面を作図する際にはCADを使いますが、手描きの方が便利な場合は当然手描きをするので、完全に併用して仕事をしている状態です。
そうした自分自身の経験を踏まえると、やはり手描きとCADの両方で高いスキルを持っている、という状態がプロとしては理想ではないかと感じています。

手描きもCADも実際に仕事で必要になるスキルですから、そのどちらにも長けている方が仕事を進める上で有利になるはず。
こうした考え方はそれほどおかしな意見ではないと思います。

実際に仕事をしてみると、どうしても偏ってしまいがちではありますが…
CADも手描きもバランス良く使っていく、というか、それぞれを有効に使い分けていくことが出来る方が仕事はスムーズに進みます。

CADは得意だけど手描きは今ひとつだとか、手描きが得意だけどCADの操作はおぼつかないとかよりも、どちらも出来る方が有利なことは間違いありません。
そうした理由から、どちらのスキルも磨いていくことを当サイトではおすすめします。

CADが得意な方であればそのスキルを少しずつ伸ばしながら、時には手描きでスケッチを作図してみたり、アイソメ図の作図を積極的にやってみるとか。
自分の頭の中を整理する為には、CADで色々やってみるよりも紙にどんどん線を描いていった方が有利な場合が結構あるんです。

スケッチが上手く描けないと言うことはつまり、自分の頭の中で建物の関係性がまだ完全に分かっていない、という事かも知れませんし。
CADで作図する図面の情報を自分でもっと深く認識する為にも、手描きはある程度積極的にやっていった方が良いと私は考えています。

手描きといってもドラフターで作図する訳ではなく、出力した図面の裏にサッと描いてみる程度の話なので、綺麗に描けなくても全然大丈夫ですから。
そうしたプラスアルファの作図スキルを持っていると、仕事で役に立つ場面が結構出てくるはずですから、ぜひとも簡単なスケッチを覚える事をお勧めします。

関連記事

  1. たくさんの書籍
  2. CADデータ
  3. CAD操作
  4. 青焼き
  5. CADは難しくはない
  6. バックアップ