• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

CADの操作効率を上げる方法

ゼロの状態から図面を作図して完成までもっていくには、日常的にCADを使う業務をしている方がまずは有利になってきます。
日常的にCADを使っているからこそ操作に慣れて無駄がなくなっていく、という事になるので、やはり毎日使っている方は有利です。

実際には「作業量が膨大なので無駄をなくさざるを得ない」という表現の方が適切になるかも知れませんが…
作業効率が重視される中で、やはり毎日使って改善を繰り返す事が出来る立場にいる方が有利になる事は間違いありません。

CADの操作は簡単で誰でもできます!
…と言うつもりは全然ありませんが、かと言って頭を抱えて悩んでしまい先に進まない、というほどの難易度でもない。

CADは難しくはない

なので、図面の作図は限られた方にしか出来ない特別な仕事という訳ではなくて、誰がやっても図面は完成まで進んでいく、というのは事実だと思います。
あとはCADのプロとして、どこまで作業の効率化を突き詰めていけるかどうか、という話になってきます。

仕事で図面を作図している以上、ある程度時間に制限があるのは当たり前の話で、図面が完成するまでいつまでも待ちますというスタンスをとり続ける事は企業としてとても難しいものがあります。
企業が存続する為には利益を出し続ける必要があって、その為には作業効率を追求していくことがどうしても必要になってきますから。

そうした効率重視の考え方がある中で、求められる作業スピードに応えることが出来るのは、やはりCADを日常的に使っている方ということになると思います。
日常的にCADを使っているから自分の手と同じような感覚で操作が出来る方と、CADの機能をある程度知っているから使えますという方の違いはやはり非常に大きいです。

「CADを使う事が出来る」という内容は同じであっても、その中身がどれだけ違うのかというのは、実際に色々な人を見ていけば恐らく納得するのではないかと思います。
ちょっと極端なたとえをすると…

サッカーボールを蹴ったりサッカーの試合をすることは誰にでも出来ますが、それを仕事にすることが出来る人は非常に少ないですよね。
「サッカーが出来る人」と「プロサッカー選手」の間には、少々の事では埋めることが出来ない程の差がある、というのはイメージ出来ると思います。

それと一緒です、というのはちょっと乱暴すぎる表現になってしまいますが…
CADを使って図面を描くという仕事も「CADを使うことが出来る人」と「図面を描くプロ」の間には大きなスキルの差があるのが現実です。

書店を覗いてみると、CADの使い方を解説している書籍が色々あることが分かりますが、それを読んだだけでプロになれる訳ではなく、相当な量の実践が必要になってきます。
ある程度正確な知識があって、それを元にして膨大な量の実践を経験して、人はその道のプロになっていくんです。

サッカーのルールやボールの蹴り方を知っていたとしても、それを自分で間違いなく実践する為には膨大な量の練習をする必要がありますよね。
CADを使うプロになるということはそれによく似ています。

ただ、サッカーの場合はいくら努力をしても、ある程度のレベル以上に到達する為には体格などを含めた特別な才能が必要になってきます。
体格とかセンスなどの領域はもうどうにもならない場合が多いのですが、CADを使う事についてはそこまで才能が求められる訳ではありません。

この差はかなり大きいのではないかと思います。

地道にCADを使い続けていれば、恐らく大抵の方であれば操作に慣れて作業効率が上がっていき、プロとしての水準に達することが出来るはず。
時々「この人はどう考えてもCADに向いてない!」と思ってしまうような方がいたりしますが、余程の事がない限りはそうなる確率は高くありません。

関連記事

  1. CAD操作
  2. バックアップ
  3. 継続したスキルアップ
  4. CADデータ
  5. CAD画面
  6. 青焼き