• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

手描きの方がCADを覚える為に

CADが図面を作図する為のツールとして主流になっているけれど、手描きのスキルは色々なシーンで必要になってくるので、身につけておいた方が有利。
前回はそんな話を取り上げました。

例えば設計者であれば、設計図だけでは伝わらない部分のイメージを、打合せの中で「こんな感じ」と言ってスケッチを描くとか。
施工者であれば、設計図に描かれている通りに施工をすると「実際はこんな関係性になる」というスケッチを描いて、問題ないかを確認するとか。

手描きスケッチ

こうしたやり方は一例で、手描きの活用方法は色々とあるはずです。

今までも何度か書いていますが、図面を作図する目的は「実際に建物を造る前に図面上で建物を造ってみる」という事にあります。
事前に図面上で問題点を洗い出して解決することによって、実際に建物を造る際には色々な問題が解決してスムーズに工事が進む、という事を目指している訳です。

そうした目的を考えた時に、手描きのスケッチ図面は、事前に建物について検討する為の貴重な資料となり得る訳です。
正式な図面はCADで作図するにしても、やはり手描きのスキルというのは非常に価値のあるのではないかと私は考えています。

とは言っても私はあまり手描きが得意ではなく、なかなか上達しないので困っていますが…
こればかりは一気に上手くなる訳ではなく、何度も何度も描いて経験を積むしかないので、やはり日々の積み重ねしかないんですよね。

そう言った意味で、もし今現在手描きが得意だという方であれば、非常に大きなアドバンテージを持っているという考え方が出来ます。
CADのスキルを覚えて高めていくよりも、手描きのスキルを高める方が大変で時間がかかるという意味で、手描きのスキルが完成しているのは有利なんです。

ですから、今持っている手描きの高いスキルにプラスして、CADも普通に使えるようになっておくとなおいっそう仕事では有利になります。
手描きの高いスキルを持っている方であれば、CADに対してあまり良いイメージを持っていない場合もあるかとは思いますが…

まずは先入観を捨ててCADを使ってる事をお勧めします。

実際にCADを使ってみるとまあまあ便利ですから、そうした操作に少しずつ慣れていくことでCADを便利に使いこなせていくのではないかと思います。
そうなる為には「CADで作図する図面は気に入らない」等の考え方を捨てていく必要がありますが、まずは使ってみればCADの良いところはすぐに実感できるはずです。

今まで見てきたパターンとしては「手描きで充分だからCADなんて使いたくもない」みたいな考えをしている方が結構いました。
手描きの高いスキルを持っている方は、年配の方である傾向にあるので、パソコンに対する拒絶反応を示す方もいました。

どちらも考え方として間違っている訳ではないのですが、仕事でCADが必要になっているのであれば、それはやっぱり勿体ない。
結局はCADを使って図面を描くしかない場合もあるので、それならばCADを手描き感覚に近くなるまで使いこなした方が良いのに…と思います。

もちろんそれが難しいのは充分に理解していますが。
それでも、習得するのが難しい手描きのスキルを身につけている方であれば、CADを覚えることは全然不可能ではないと思ってしまいます。

手描きのテクニックとCADの操作と、どちらのスキルも高めたいと思っている私としては、CADを覚える方がやっぱり楽だと思っているので…
もちろんこうした感覚には個人差があるので、私の感覚を全員に押しつける訳にはいきませんが、先入観を捨てて挑戦してみる価値はあるのではないかと思います。

関連記事

  1. 選択肢
  2. スキルアップ
  3. 自分で操作
  4. 進歩
  5. 競争
  6. 信頼関係