• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

CADデータの取り扱い

図面を作図する為のツールとして、CADと手描きとの関係について今まで色々と書いてきましたが、結局は両方必要なスキルという欲張りな結論になってしまいました。
やり方が二種類あるのであれば、両方出来た方が有利なのは当たり前なので、そうした当たり前すぎる話ではありましたが…

実際の仕事ではやっぱりプロとして色々なスキルが求められるので、色々な引き出しを持っておいた方が有利なのは間違いありません。
両方のスキルを高めるのは大変なことかも知れませんが、大変だからこそそれが出来た時には大きな価値がある、という事で挑戦してみることをお勧めします。

さて、そうした作図のやり方についての話はそろそろ終わりにして、今回はCADが持っている大きな特徴である「データ」について考えてみる事にします。
CADが持っている特徴として「図面をデータで管理することが出来る」という点がありますが、これをもう少し具体的に書くとこんな感じになります。

・CADデータを離れた場所にいる人送る事が出来る

・CADデータから何度も印刷出来る

・CADデータをコピーして別の図面に転用出来る

こうしたメリットについては以前取り上げた通りですが、今回はCADデータがある事がどのくらい便利なのか、というあたりを紹介していきます。
今では当たり前の事として通常業務の中でデータを送付したり印刷の処理をしていますが、やはり手描きの時代に比べると格段に便利になっているんです。

昔に比べて便利になっているのは当たり前の話ではありますが…

手描きの時代にはあくまでも手で作図した図面(=紙)がベースになっていて、手描きの原本を「原図(げんず)」と呼んで大事に管理してあげる必要がありました。
なにしろ図面の元が一枚の紙ですから、それが破れたりすると、もう使えない状況になってしまう危険があって、ちょっと油断できない感じだったんです。

原図から図面をコピーするには「青焼き」と呼ばれるやり方でコピーする訳ですが、原図と感光紙を重ねて狭い隙間に差し込む必要があって…
青焼きの調子が良くないと、原図がローラーに挟まって破れてしまったり、細かく折り重なって「ハリセン」状になってしまったりと、結構事故が発生することが多かった。

ハリセン

冗談ではなく図面がこんな感じになってしまうんです。

これが1枚しかない原図で発生すると、復旧が非常に難しいとか、復旧までに時間と手間が膨大にかかってしまうという問題が発生することに。
そうなってしまわない為にも、手描きの場合は原本を厳重に管理していくことが求められ、これがまあまあ面倒だったりするんです。

その為、原図を一度コピーしてそれを原図として利用するという「第二原図」という考え方もありました。
ただ、コピーのコピーという感じになってしまい、なおかつ青焼きがあまり鮮明にコピーできる訳ではないので、さらに図面が不鮮明になるという問題もありました。

それでも原図がなくなってしまう危険に比べるとまだマシだから第二原図を使う、というような考え方がありました。
ちょっと懐かしい話ではありますが、やはり紙ベースでの図面管理は大変な苦労がありました。

それがCADになると同時に、紙ではなくデータで図面を管理するようになって、図面を何度でも簡単に印刷することが可能になりました。
図面が破れてしまっても濡れてしまっても、もう一度CADデータを印刷すれば大丈夫だし、常に鮮明に印刷された図面は見やすい。

CADにはこうした強力なメリットがあって、今までの苦労がデータ管理によってなくなって便利になったのですが…
残念ながらデータでの管理も完璧という訳ではなく、データにはデータの苦労があるので、そのあたりについては次回に取り上げてみたいと思います。

関連記事

  1. 自分で操作
  2. 青焼き
  3. 手描きスケッチ
  4. チーム
  5. たくさんの書籍
  6. パソコンで作図