• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

CADを使い分ける理由

図面を作図するツールであるCADには色々な種類があって、作図する図面の用途に合わせて適したCADを選定していく必要があります。
一種類しかCADがない状況の方がシンプルで分かりやすいのですが、メーカーの都合やCADの機能を考えるとあまり現実的ではありません。

CADが一種類しかないという事は、確かに統一された規格で作業が出来るという大きなメリットがあるのですが、もちろん良いことだけとは言えないんです。
統一された規格には競争原理が作用しないという、結構致命的な欠点があるんです。

競争

競争原理が作用しないという事はつまり、別に便利な機能を色々用意しなくても、誰もがそのCADを使わざるを得ないという事を意味します。
そうなると当然、毎年全然進歩しない使いにくいCADになってしまうので、図面を作図する側としては不便さが改善されない困った状態になってしまいます。

努力しなくても売れる状況というのは、CADを売る側にとっては良い状況ではありますが、CADを使う側にとってはあまり良い状況とは言えないんです。
だから様々なCADが販売されて競争していくのがやはり自然な状態という事になり、結果的にCADを利用する側にとって良い事になる。

CADが一種類しかない状態が現実的ではない理由のひとつがこれです。
とまあそこまで真面目に考えなくても、CADの種類は色々あった方が何かと便利だということになるとは思いますが…

それにプラスしてもうひとつ、CADの種類が色々ある理由があります。
図面の種類はその分野によって少しずつ違っていて、表現方法も図面の分野によって色々と違ってくる中で、それをひとつの種類のCADで対応するというのは結構難しい。
こうした理由も現実としてあるのではないかと思います。

ここでひとつ例を挙げてみると…

例えば設備関連のCADではT-fas(ティーファス)というCADがよく使われますが、建築関連の図面ではあまり使われません。
なぜ設備関連の図面でT-fasが便利で、建築関連の図面ではそうでもないのかというと、もちろんそれにはきちんとした理由があります。

・設備関連のシンボルがあらかじめ登録されていて、簡単にすぐに呼び出すことが出来る

・配管などを高さの概念をもって記入できる

・ベースとなる建築図面を簡単に差し替えることができる

などなど、T-fasには設備関連の図面を効率良く作図するために必要な機能がはたくさん用意されていて、他のCADでは出来ない効率化が図れるというメリットがあります。

しかし、T-fasが用意している様々な便利な機能であっても、建築関連の図面を作図する際にはほとんど使われることがありません。
コンセントなどのシンボルを簡単に呼び出したり、配管に高さ情報を持たせたりする機能は、残念ながら建築関連の図面を作図する場合にはなかなか使いどころがないからです。

図面を作図していく中で利用しないであろう機能が満載しているCADよりも、その図面を作図するのに特化したCADの方が良いのは当然の事ですよね。
そう言った意味で、建築の図面を作図する為のCADとしてT-fasを採用するのは、ちょっと勿体ないという結論に至ります。

機能が高い分だけ、T-fasは価格が高いCADですから、それならば使わない機能など用意していないCADの方が良いという事になる訳です。

建築関係の図面はAutoCADやJW_CADを使い、設備関連ではT-fasを使うなどの使い分けをしていくのは、そうした理由があるからです。
それぞれの分野の図面が持っている特徴によって、作図する為に必要とされるCADの機能が少しずつ違ってくるのは自然な事ですよね。

関連記事

  1. 自分で操作
  2. たくさんの書籍
  3. ハリセン
  4. 青焼き
  5. 手描きスケッチ
  6. 信頼関係