• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

設定の多さと作業項目の多さと

CADを使って図面を作図する際に、何もない状態から新規で図面を描いていくのは結構大変で、その理由として様々な設定をしていく必要がある、という話を前回は取り上げました。
CADというのは非常に多くの機能を持っている便利なツールですが、便利な分だけ細かい調整が色々出来るように設計されているんです。

例として寸法線の形状を考えてみると、設定を変えることによって様々な形状の寸法線を作図する事が出来ます。
あまり使わない形状の寸法線も中にはありますが、下図のような寸法の形状を図面の中で表現出来るので、選択肢としては結構多めな感じです。

寸法矢印の選択

寸法線の形状をこのように使い分けられるという事はつまり、そうした設定を適切に調整しておく必要があるという事を意味しています。
こうした機能は非常に使い勝手が良い反面、あまり設定についての知識がない方にとっては、意味が分からない設定がたくさんありすぎる…と思ってしまう可能性も。

設定が多彩=設定がよく分からない

という図式は少しネガティブすぎると思われるかも知れませんが、実際に設定する側になってみるとこの気持ちは結構分かったりします。
ただ、これは「設定が色々ありすぎてダメ」という話ではなくて、設定を変えることによって様々な表現が出来るというメリットに目を向けたいところでもあります。

覚えるべき設定が多すぎて大変だけど、そうした必要に応じて機能を覚えていく事が出来れば、かなり自由度の高いCADになる。
ポジティブに考えるとそうなるので、それが実現出来るような知識を持っておく必要がある、という事が言えると思います。

これはAutoCAD(オートキャド)での話ではありますが、設定が出来ない項目=何も変えることが出来ない項目なので、ある程度設定があった方が良いというのは事実でしょう。
こうした設定を細かく決めていく作業は、作図された図面を少し修正する作業と比べると、要求されるCADの知識はかなり高いものになっていきます。

まずはどのような設定があるのかを知っておく事と、その設定をどのようにしておけば見やすい図面が出来上がるのかを知っておく事。
こうして必要になる知識の量は増えていきますから、CADについてあまり詳しくない方にとっては難易度は跳ね上がる感じがしてハードルが高い感じです。

覚えるべき操作が増えていくという意味で、作図された図面を修正する作業に比べると、何もない状態から作図を開始する方が大変。
という話は様々な設定項目の多さに理由があるんです。

こうした設定項目の多さにプラスして、作図する為の業務がどうしても多くなってくる傾向にあるという部分も結構大きなポイントになります。
単純に操作する量が増えてくるという事で、作図する為にかかる時間についてどうしても意識せざるを得ない状況がある訳です。

あまりCADの操作に慣れていない方が図面を修正すると、ひとつひとつの操作には結構時間がかかってしまう事になります。
例えばドアを移動しようと考えた時に、移動の機能がどこかを探してクリックするなどの時間がどうしても必要になるので、これはもう仕方がない事だと思います。

ただ、ゼロから図面を作図する際には、こうした操作が膨大な量になってしまうので、操作に不慣れだと完成までに膨大な時間がかかってしまいます。
これは確かに仕方がない事ではありますが、だからと言って時間がかかっても構いませんという話にはならない事が多いです。

仕事ですから時間というのは非常に重要な要素になっていて、それを度外視してでも図面を完成させてくださいという話にはなりにくいもの。
なので、色々な設定が多かったり、単純に作図するまでの手順が多くなりがちなゼロからの作図については、ある程度高いスキルを求められる事になる場合が多いです。

関連記事

  1. CADは難しくはない
  2. CADデータ
  3. たくさんの書籍
  4. バックアップ
  5. 競争
  6. 拒否