• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

外構図で表現する情報

前回は施工図として外構図を作図する際に、設計図とどのような違いがあるのかというあたりについて考えてみました。
施工図では設計図よりもいレベルなどの情報量が多くなってくるという事と、だからと言って施工図が設計図よりも優れているという訳ではない、という話がありました。

設計図で表現している情報は細かい部分にまで及んでいない場合があるので、さらに細かく情報を記入した施工図の方が優れていると思ってしまいがちですが…
設計図と施工図では図面を作図する目的が違うので、施工出来るかどうかという物差しで比較するのはちょっとフェアではないという話でした。

そんな外構図ですが、施工図ではレベルの他にどのような部分を検討していくのか、というあたりを今回は考えてみたいと思います。

建物が建つ敷地は基本的にどこかで道路と接していて、その道路から建物に向かってアクセスしていく事になります。
そして道路は建物よりも先に出来上がっているはずですから、道路のレベルを変えることは出来ず、その道路にあわせて敷地のレベルを検討していく必要があります。

敷地の面積が広ければ広いほど道路に接する範囲は大きくなっていきますから、敷地内の勾配は大きくなっていく傾向にあります。
敷地が坂に面している場合には、条件はさらに難しくなっていき、それを外構図で表現していく作業はますます大変になっていくことに。

あまり勾配の検討について書いても仕方がないのですが、こうした検討を細かくやっていく事がまずは外構図の第一歩という事になるのは間違いありません。
このように、雨水排水計画とセットになった外構図はちょっと検討が大変な施工図、という感じで紹介してしまいましたが…

外構レベルが正しく設定されていて水がきちんと排水されるというのは前提条件であって、その前提を元にして以下のような検討が必要になってきます。

・建物が周囲からどのように見えてくるか

・道路から建物までの動線は適切か

・周辺の環境にマッチしている外構計画か

外構というのは建物の中に入らない人でも目にする事になるので、建物の見た目を左右する大きな要素だという事が言えます。
建物の周囲をとりまく周辺環境は非常に重要な要素になりますから、それを検討する為の図面として、外構図は欠かすことが出来ない施工図だと言えるでしょう。

もちろん基本的な計画は設計図で進める事になるのですが、より内容が具体的になる施工図で最終的な検討をすることは非常に重要になってきます。
設計図で示すのはあくまでもイメージで、設計図の役割としては当然イメージを示す事で問題はないのですが、施工図の段階ではそこから先が重要です。

施工図で外構図を検討していく際には、設計図で示されたイメージが具体的にどうなるかをかなり細かく確認していく可能になります。
そしてその細かい確認作業が非常に需要になってくる訳です。

プロジェクトが設計段階から施工段階へと進んでいく中で、施工段階のかなり終盤あたりに外構工事がスタートするというのが一般的です。
そうした工事の流れをずっと見ていると本当によく分かりますが、外構工事が終わると本当に建物は完成したように見えくるものです。

やはり植栽や樹木があるというのは、建物にとって大きなポイントという事なのでしょう。
どのような植栽を植えていくかなども外構図で表現していくことになりますが、上手く樹木を配置していくと、本当に建物は美しく見えるものです。

ライトアップ

植栽や樹木を下からアッパーライトで照らすなど、照明をセットで計画していくと、ますます建物の見映えは良くなっていきます。
こうした計画は設計図で進められますが、施工図でも色々検討する部分はありますので、出来るだけ早い段階で外構図の検討を進めておくことをお勧めします。

関連記事

  1. 杭の関係
  2. 土地
  3. 庭園
  4. 電気
  5. 立面図1
  6. 整合性