• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

製作図で細かく検討する理由

前回は図面の大きなカテゴリとして、設計図と施工図と並んで製作図という図面がある、という話を取り上げました。
設計図から施工図、そして施工図から製作図まで、どのように情報が流れていくのかが何となくイメージ出来たのではないかと思います。

製作図では非常に細かい部分まで検討をすることが出来る図面になりますが、この表現を少しだけ変えてみると…
逆に「製作図は細かい部分まで緻密に検討が必要な図面」という表現をすることも可能です。

これらの表現は製作図についての事実を同じように表しているので、どちらの表現が正しいなどの比較をするものではありません。
よく使われる例えで、以下のような表現があるのと同じで、受け取る側の気持ちによって少し表現がかっわってくるというだけの話です。

コップの水

・コップの水がまだ半分残っている

・コップの水はもう半分しか残っていない

製作図についても似たような話があって、細かい部分まで表現出来るので緻密に検討が出来ると思う場合と、細かい寸法まで検討しなければならないと思う場合があります。
建築のプロであれば前者の気持ちでいるのが正解になる訳ですが、時には緻密な検討が大変だと思ってしまう場合もあるでしょう。

なぜ製作図はそこまで緻密に寸法を決めていく必要があるのかと言うと、きちんと寸法を決めておかないと工場で製品を製作することが出来ないから。
もちろんある程度寸法を決めてしまえば細かい検討をしなくても製品を製作することは可能なのですが、それで問題なく納まるかどうかはまた別の話です。

当然緻密に検討しておいた方が間違いは少なくなるので、出来る限り細かい部分まで検討をしてから製作を開始する事がポイントになってきます。
特に施工者としては、工場で製品を製作してきたけれど現場で取り付けることが出来ず、再度製品を工場で製作し直す手間とコストをかけたくないと思うもの。

そのような無駄をなくすために製作図という図面が存在するんです。
現場でコンクリートの柱や壁を造る際に躯体図が必要で、現場でLGS壁を建てていく際に仕上図が必要なのと同じように…
工場で間違いのない製品を造るには製作図が必要になる、という話でした。

建物について細かい部分の納まりを検討する、という場合には、この製作図がないと具体的な検討は進まない場合が多いです。
それくらい施工者としては製作図という図面が非常に重要な要素になっているんです。

工場で製作してくる製品をどのようなサイズにするのかを決めるという事は、その周囲をどのように納めるのかを細かく検討するという事と同じです。
なので、製作図で検討をしておけば、その付近の細かいディティールについては検討が済んだという事になる訳です。

かなり細かい部分まで製作図では図面化するので、もうミリ単位で調整が出来るというのも製作図のメリットでしょう。
もちろんミリ単位で検討しなければならないとも言えるのですが、そこまで細かく検討しておけば間違いなく綺麗に納まります。

という事で、製作図は工場で製品を製作するために作図するという目的だけではなく、その周囲の納まりを確定する目的でも使われます。
もちろん一度に細かい部分を含めて検討した方が効率が良いので、製作図が出来た時点でその付近の納まり方針を決定していくのが効率的だと言えます。

というあたりのの話から、製作図を通して建築の細かい部分の納まりに関する話が、ようやく少しずつ出てくる事になります。
そうなると、当サイトで一番詳しく解説をしていきたい「建築の色々な納まり」という内容に少しですが近づいたことに。

次回は製作図の種類についてざっと取り上げてみて、その後は納まりの具体的な話に進んで行ければと思います。

関連記事

  1. 庭園
  2. RC柱内配筋
  3. 寸法
  4. 詳細図が必要な部屋
  5. 柱状図
  6. ライトアップ