• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

施工図の大まかな区分

建物を実際に建てていく為には設計図だけではなく、施工図と呼ばれる図面が必要になってくる、という話を前回は取り上げました。
設計図よりもう少し建物について深く検討をした結果として、設計図よりも具体的な寸法が多く記載されている図面を施工図と呼ぶ。

この「寸法が多く記載されている図面=施工図」という関係が微妙なところでもあるんです。

今は基本的に全ての図面をCADで作図することになるので、作図された線や円に対して寸法を記入していく作業が比較的簡単にできます。
そうすると、特に深く考えなくてもたくさんの寸法が記載された図面が出来上がってしまう、という事になってくる訳です。

ベースとなる設計図は既に存在していて、そこに細かい寸法を記入していけば、何となく施工図に見える図面が出来てしまう。
これは設計者にとっても施工者にとっても結構困る事ではないかと思います。

寸法

設計図では細かい部分に特化して検討してる訳ではなく、建物の大まかな方針について表現していく事を優先して作図されます。
そうした情報から具体的な施工に進むために施工図を作図するのですが、単純に設計図に対して寸法を記入するだけで細かい部分の検討をしていないと…

実際に施工を進めていく中で、検討が足りない部分が納まらなくなってくる、というのは結構良くあるパターンなんですよね。
そうした状況にならない為に施工図が存在するのに、細かい検討をしないまま何となく施工図に見える図面が出来上がってしまう。

これはCADで作図する事のあまり良くない側面ではないかと思います。
CADはあくまでも図面を作図する為の道具でしかなくて、建築的にしっかりとした検討結果をCADでの図面に反映させるべきなんです。
しかしそれをやらなくても寸法は記入出来て、図面も完成する。

もちろん全ての施工図がそうだとは言いませんが、ある程度の割合でそうした検討が足りない施工図が存在する事も事実です。
もし施工図を作図する機会があった場合には、そのあたりに気をつけて作図をする事をお勧めします。

その為に当サイトでは色々な情報を提供できればと思っています。
…さて、少し話が逸れましたが、今回は施工図の大まかな区分について考えてみる事にします。

設計図に意匠図と構造図があるのと同様、施工図にも大きく分けて意匠的な図面と構造的な図面という区分が存在します。
施工図は施工図というカテゴリーに属するので、あえて分類しないという考え方もありますが、説明していく為には分類している方がちょっと都合が良いので。

・躯体図

・仕上図

・外構図

施工図の大まかな区分は上記のような感じになっています。
外構図という図面は設計図でも施工図でもちょっと例外的な存在になってしまいますが、それ以外の図面は構造図と意匠図に対応するような位置関係になります。

躯体図というのは建物の構造的な情報を記載する図面で、仕上図というのは建物の見た目や外形についての情報を記載する図面になります。
そうした状況を考えると、以下のような情報の流れになっているのが何となく分かるのではないでしょうか。

構造図(設計時点) → 躯体図(施工時点)

意匠図(設計時点) → 仕上図(施工時点)

こうした関係性が設計図と施工図とではあるので、ベースとなる図面もそれぞれ少しずつ違ってくる事が分かると思います。
ただ、実際に施工を進める際には、建物の構造と意匠を全て整合させて検討していく必要があるので、どちらかの設計図を見るだけという訳にはいきません。

躯体図を作図する場合でも、構造図と意匠図を見ながら進める必要があるし、仕上図を作図する場合でもそれは同様です。
そして最終的には躯体図と仕上図がお互いに整合が取れている状態になる訳ですが、そのあたりも含めて次回からはそれぞれの施工図についてもう少し詳しく説明する事にします。

関連記事

  1. 図面
  2. エントランス
  3. 床伏図
  4. 平面図
  5. 断面図
  6. スイッチ