• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

電気設備図とは

建物を設計していく上で必要になる図面にはどのようなものがあるのか、という点について今まで色々と説明をしてきました。
その中で意匠図と構造図について取り上げて来ましたが、建築関連の設計図としては意匠図と構造図で一通り揃う事になります。

建物の骨組みである構造図と、建物のプランと見た目を担っている意匠図の組み合わせによって、建物の形状はある程度定まってくる事に。
なので今回は設備的な図面という事で、電気設備図を紹介してみたいと思います。

電気設備図というのは、ちょっと読んだままですけど、建物の電気設備をどのような方針で造っていけば良いのか、という点について記載していく設計図になります。
一口に電気設備と言っても、建物には様々な種類の電気設備が存在していて、それらを適切な位置に配置していくには綿密な計画が必要なんです。

いくら建物自体のデザインが優れていて、使い勝手の良いプランが計画されていたとしても、電気設備が整っていないと台無しというしかありません。

・照明が点かない部屋

・コンセントが配置されていない為電源が取れない部屋

・コンセントにプラグを差し込んでも電源が来ていないから使えない部屋

などなど、ちょっとした例を挙げてみましたが、電気がない建物は機能的に成り立っていない事がすぐに分かると思います。

電気

また、目に見えない部分になりますが、例えば建物の出入口にある自動ドアや昇降につかうエスカレーターなども、考えてみれば当たり前ですが電源が必要な動力によって動いています。
そうした部分への電源供給なども電気設備で計画しておく必要があるなど、電気設備は非常に多彩な範囲に及んでいます。

ざっと挙げていくと、電気設備は以下のような種類に分類することができます。

・受変電設備

・発電設備

・中央監視設備

・幹線設備

・動力設備

・コンセント設備

・照明設備

・放送設備

・映像設備

・インターホン設備

・通信設備

・テレビ設備

・自火報設備

・セキュリティ設備

・駐車場管制設備

・避雷設備

挙げてみると結構たくさんありますね…

例えば、大抵の建物は日中の運用時間を過ぎた後、外部から限られた人しか入れないように管理していく必要がありますが、これをセキュリティ設備で行います。
電気で自動的に施錠するとか解錠をするとか、センサーで人の出入りを監視したりとか、そうした設備をきちんと計画することによって建物の安全性が守られることに。

これはセキュリティ設備の一例ではありますが、こうして電気設備が受け持つ項目というのは建物にとって重要なものばかりなんです。

先ほど挙げた電気的に施錠する扉などでは、当然電気だけで検討してもあまり意味がなくて、建築で検討する建具とセットで計画する必要があります。
また、コンセントや照明のスイッチなどの壁に埋め込む必要があるもの、あるいは照明器具など天井に埋め込む必要があるものなども。

こうして電気設備だけではなく、建築との調整が必要なものが結構多いので、そのあたりを建築と電気設備とで調整していく必要があります。
建物の見た目に影響がある場合も多いので、壁や天井に埋め込むものについては緻密な検討が求められる場合も多いです。

こうして設計段階で意匠設計と電気設備設計とで整合を取りながら設計していき、その結果として電気設備の設計図が完成する。
電気設備を問題なくまとめていく為には、建築との絡みが少なからずある為、意匠設計者と調整しながら進めていく事になってきます。

まあこのあたりの話はどのような設備であっても同じではありますが…

関連記事

  1. アルミ建具
  2. 整合性
  3. 給水
  4. 梁型
  5. 空調吹き出し口
  6. 総合図